フリーランスエンジニア基礎知識

【50代60代】フリーランスエンジニアの定年と限界で何歳まで働けるかということ&対策の全て

この記事を読むとわかること
・フリーランスエンジニアの定年と年齢の限界について
・フリーランスエンジニアの50代以降の案件状況
・フリーランスエンジニアの50代以降のキャリア例
・60代以降も活躍するエンジニアの共通点

40代、50代のフリーランスエンジニアやこれからフリーランスエンジニアになろうとしている方は「何歳まで仕事があるのか」というのはとても気になる点だと思います。
このページでは「フリーランスエンジニアはいつまで働けるのか?」という年齢の限界について説明させていただきます。
また、50代以降の案件の状況・キャリア、長く活躍するために大切なポイントなども詳しく解説しますので是非参考にしてみてください。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
今回はフリーランスエンジニアの年齢と仕事についてフォーカスしてみました
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
若い方も参考にしてみてね
40代必見!ベテラン御用達のフリーランスエージェント3選はこちら

High-Performer
【高単価×支払いサイト15日】経験豊富な営業と手厚いサポートでエンジニアからの信頼度は業界ナンバーワンです。

【Pe-BANK】
【老舗×安定感】実績は業界でも断トツです。業務系・制御系・汎用系にも強く全国に支店があります。

【midworks】
【保障×安定感】正社員なみの保障とフリーランスの高単価のいいとこどりを狙える点が大人気のエージェントです。

フリーランスエンジニアに定年はなし

まず結論からいうとフリーランスエンジニアには定年はありません。
会社員のように会社の就業規則によって強制的に定年を迎えるということはありませんので、自分の好きな年齢まで働くことが可能です。

ではフリーランスエンジニアは一体何歳まで働くことができるのでしょうか?
50代を境に仕事量や案件の状況も大きく変わってきますのでそのあたりも含めて詳しく説明させていただきます。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
常駐型と在宅型それぞれにわけて説明しますね。

50代以降の常駐型のフリーランスエンジニア案件について


常駐型のフリーランスエンジニアの場合、フリーランスエージェントから紹介される案件にエントリーし現場が決定されます。
紹介される案件には、応募可能な年齢枠が設定されています。
(例:55歳まで、60歳まで、年齢不問など)
エントリーできる案件が少なくなってきたりゼロになると常駐型のフリーランスエンジニアとしては仕事がなくなってしまいますのでその時が定年と考えてもいいでしょう。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
では実際の50代以降の案件状況について説明させていただきます。

50代以降の案件状況

常駐型のフリーランスエンジニア案件の場合、40代をピークに50代以降は緩やかに案件数が減ってきます。
ただしそれもエンジニアの個々のスペックによって異なりますので一概に決めることは難しい面があります。
(60才超えていてもバリバリ活躍しているフリーランスエンジニアがたくさんいるのも事実です)
また、エンジニアの保有するスキルや技術領域によっても案件の量は変わってきます。

・オープン系の開発案件
・インフラ系案件
・汎用系案件
・制御系案件
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
スキルごとに案件の状況とポイントを説明させていただきますので参考にしてみてください。

オープン系の開発案件

常駐型のフリーランスエンジニアのオープン系開発案件について説明させていただきます。
オープン系開発案件は40代のほうが有利とはいえ、50代以降も案件は多数あります。
50代以降も継続的に案件に入るためのポイントは以下二点です。

  1. 開発者としてエントリーするのであればしっかりと手が動くこと
  2. それ以外の案件はPM/PLや上流経験・マネージメント経験が求められることが多い
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
どちらかの経験がしっかりとあれば50代は案件が途切れることなくいけます

インフラ系案件

常駐型のフリーランスエンジニアのインフラ案件について説明させていただきます。
インフラ系案件ですが、50代以降も案件は比較的あります。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
50代以降のフリーランスエンジニアでも需要の高い案件としては以下のようになります。
・Windowsサーバー設計構築
・Linuxサーバー設計構築
・SQLサーバー設計構築
・OracleDBA
・JP1設計構築

ネットワーク案件や運用保守の案件は50代以降になると少なくなってくる傾向にあります。
(それでも個人のスペック次第という部分はあります)

コンサル、PM/PMO

常駐型のフリーランスエンジニアのコンサル、PM/PMO案件について説明させていただきます。
コンサル、PM/PMO案件は50代以降も充分案件があります。
むしろハイスペックなコンサル、PMO案件は50代以降のほうが充実している傾向にあるといえるでしょう。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
コンサル、PM/PMO領域で需要の高いフリーランスエンジニアの特徴は以下のような人材です。
  1. 特定領域のスペシャリストであること
  2. 長期のブランクがないこと
  3. どのような現場でも適応できそうな人柄であること
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
特にスペシャリストであることは非常に重要です。
開発案件であれば何でも幅広くこなさるゼネラリストが重宝される傾向にありますが、コンサル、PM/PMO案件の場合真逆の傾向です。

http://www.freelance-kanzen.com/pmo/

制御系・組み込み系

常駐型のフリーランスエンジニアの制御系・組み込み系案件について説明させていただきます。
制御系・組み込み系案件ですが、50代になっても案件はあります。
ただし昨今制御系・組み込み系案件の単価は落ちてきている傾向にあります。
高単価を狙うのは難しいため、単価面である程度妥協しながら現場に参画していくイメージがいいでしょう。

汎用系

常駐型のフリーランスエンジニアの汎用系案件について説明させていただきます。
汎用系案件ですが、50代以降は正直なかなか厳しい状況です。
というのも汎用系案件の現状は以下のようになっているからです。

  1. 案件数が少ない
  2. エンジニアは多い
  3. 案件に対しての競争率が高い
  4. 以前に比べると単価が低い

そのため単価を下げて案件に参画する、自分の強みを理解してエージェント選びを工夫するなど何らかの戦略性をもったほうがいいでしょう。
しかしながら60代でも現場に参画しているフリーランスエンジニアがいることは事実なので、結局は本人のスペック次第ということになります。

http://www.freelance-kanzen.com/cobol/

50代以降の在宅型のフリーランスエンジニア案件について


50代以降の在宅型のフリーランス案件について説明させていただきます。
結論からいうと在宅の場合、年齢をとることによる明確な案件数の違いはそこまでありません。
ただし在宅案件の場合、様々なデメリットがあります。

  1. 単価が安い
  2. トラブルが発生しやすい
  3. 赤字になるリスクもある
  4. 景気の変動を受けやすい
  5. 収入が安定しずらい

このように在宅型フリーランスエンジニアという働き方そのものに複数のデメリットがあります。
ですので著者としては50代以降在宅型案件オンリーでいくのはあまりおススメしません。
しかしながら事情があり在宅型の働き方を選択するのであれば以下のような点に気をつけることで収入を安定させやすくなると思います。

  1. リピーターを確保する
  2. サービスのラインナップを増やす
  3. 単価は多少下げても継続率や顧客満足度を優先させる
  4. SNSなどを利用し露出を増やす
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
在宅型は難しいので戦略や工夫が必要です

50代以降のフリーランスエンジニアは使えない?現場の声とは

ネット上では50代以降のフリーランスエンジニアは使えないというような意見もあるようです。
では実際問題現場の声としてはどうなのでしょうか?
結論から言うとこれはケースバイケースです。
IT業界の開発者というくくりで考えてみると、

アルバイトでも優秀な人は優秀
派遣社員でも優秀な人は優秀
正社員でもダメな人はダメ
20代でも優秀な人は優秀
50代でも優秀な人は優秀

ということなります。
ですので50代以降のフリーランスエンジニアがどうこうといういう括りで考えることにあまり意味はありません。
ただし一般論として、50代以降のフリーランスエンジニアは以下のような傾向があることは間違いないと思います。

  1. 優秀なエンジニアとダメなエンジニアの二極化が激しい
  2. 開発者として手を動かす作業はパフォーマンスが落ちる人が多い
  3. 現場で求められるハードルが高くなる
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
特に現場に参画する際には、経験豊富な助っ人という立場で入ることが多いです。
その点は普段から意識して立ち振る舞いをすることは大事なことかもしれません

50代のエンジニアは増えているのか

「50代のエンジニアがめちゃくちゃ増えている」という声もよくききます。
これは現場の声としても同感で、おそらく業界人の多くがそう感じているのではないでしょうか。
50代のフリーランスエンジニアが多いということは常駐型のフリーランスであれば競争率が高まることに他なりません。
そうなると今まで参画できた案件に参画できなかったり何らかのデメリットを被る可能性があります。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
そのあたりの現状を考慮し、常駐型のフリーランスエンジニアであれば単価を調整したり案件の条件を緩和したりと対策をうつのも有効な手です。

50代以降のフリーランスエンジニアの仕事内容とキャリアパスについて


次にフリーランスエンジニアの50代以降のキャリアについて説明させていただきます。
50代というのは、引退までのカウントダウンがはっきりと見えてくる年齢です。
また、本人の意思や能力とは関係なく年齢が上がることで参画できる案件が変わってきたり限定的になるという面があります。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
引退までずっと同じような業務内容や立ち位置の案件を継続できる人はごく一部です。
そのため、自分が引退の年齢までどのような仕事をしていくのか方向性を定めることは非常に重要です。
・開発者
・講師
・コンサル、PM
・社員を雇用する・経営にシフトする

開発者

フリーランスエンジニアとして定年まであくまで開発者でいる、というのも素晴らしい選択肢の一つです。
プログラミングが好きな方やずっと開発に携わりたいというフリーランスエンジニアにぴったりです。

この選択をする際の重要なポイントとしては、「常駐型であれ在宅型であれしっかりと市場のニーズを把握する」ということです。
いくら開発が好きでも市場から全く需要のないプログラミング言語や開発内容であればあれば定年まで食っていくのは難しいためです。

著者の知り合いで70歳でスマホアプリの開発をバリバリして稼いでいるフリーランスエンジニアもいます。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
きちんと市場のニーズさえ把握していれば生涯開発者でいるということは全く夢ではありません。

講師

講師としてプログラミングスキールやIT企業などで教えるというのも一つのキャリアです。
講師の特徴として、50代や60代以降の年配の方でも全く問題なく仕事があるという点があげられます。
また、プログラマーになりたい方に対して講師の割合が少ないため、経験豊富なSEの講師の需要が高いという面もあります。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
人に教えたり人と接するのが好き、という方にはうってつけです。
フリーランスエンジニアの第二のキャリアとしておススメです。

コンサル、PM

今までの業務の知識や経験を生かしてコンサルやPMのポディションで現場に参画するというのもおススメです。
コンサルやPMの場合、人脈やコネクションを生かせるかが非常に大切なポイントです。
フリーランスエージェントを活用するだけでなく、今までの人脈をあたってみたりキーマンを紹介してもらうなど営業活動を行うといいでしょう。

人脈やコネクションで入れた現場は以下のように複数のメリットがあります。

  1. 長期的に参画しやすいこと
  2. 稼働の融通がききやすいこと
  3. 商流が浅いため単価がでやすいこと
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
仮に今人脈やコネクションが全くなくとも5年後10年後を見据えて動くことは非常に重要です。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
もちろんフリーランスエージェントも活用しましょう

社員を雇用する・経営にシフトする

フリーランスエンジニアの場合、社員を雇用したり経営にシフトするという方法もおススメです。
ITエンジニアからIT派遣会社やSES企業を立ち上げるケースは非常に多いです。
それには多くのメリットがあるからで、

  1. 多くの資金が必要ない
  2. 収益性が高い
  3. ストック型ビジネスなので安定しやすい
  4. 業界での人脈や知識が生かしやすい
  5. 自分が教育したり、現場に入ることもできる

などがあります。
社員を雇用することでストレスを抱える可能性があるというデメリットはありますが、IT人材ビジネスは高年齢まで働くことができる点や収益性が高く継続しやすい点など大きなメリットもあります。

30代、40代のエンジアは準備をしよう

50代以降のキャリア・方向性について説明させていただきました。
ご自身のキャリアの方向性が見えてきたら、少しずつでも準備することが大切です。

  1. 開発者→新しい言語を学ぶ
  2. 講師→しゃべり方や教え方を学ぶ、資格を取得する
  3. コンサル、PM→営業活動をする
  4. 社員を雇用する・経営にシフトする→資金を貯める、経営の勉強をする

など現在の業務を行いながらでもできることはたくさんあります。
大事なのは60代は必ずやってくるということです。
5年後、10年後を見据えて是非行動してみてください。

【経験談】60代をこえて活躍するフリーランスエンジニアの共通点


次にフリーランスエンジニアがなるべく長く活躍するためのポイントについて説明させていただきます。
これから上げる点は60歳オーバーでバリバリ活躍するフリーランスエンジニアに共通する項目です。
是非参考にしてみてください。

・体調管理がしっかりしている
・現場で謙虚でいること
・フリーランスエージェントとのつき合いを大切にしている

体調管理がしっかりしている

いくら本人の能力が高いエンジニアであっても健康面に問題があればパフォーマンスを発揮することは難しいです。
体調管理については睡眠・食事・運動この三つの質をあげ意識を高めることしか方法がありません。
こればっかりは本人の自覚の問題なのでどこまで健康な体でいて働きたいか、ということを見つめ直してみてもいいかもしれません。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
最低限疲れを翌日に持ち越さないことや過度な食事を避けるなどルールを設定して行動することがおススメです。

現場で謙虚でいること

常駐型のフリーランスエンジニアで60代オーバーで活躍しているかたをみるともれなく謙虚です。
絶対に現場のメンバーと喧嘩したりすることはありませんし(当然ですが)非常に腰が低い方が多いです。

常駐型のフリーランスエンジニアの場合、優秀さもさることながら周りと協調しながらスムーズに作業を進めることができる人材が重宝されます。
もちろん経験豊富なエンジニアからしたら、レベルの低い現場に当たってイライラすることもあると思います(経験済です。笑)
しかしあくまでも謙虚に上手く業務を推進するというところまでひっくるめてエンジニアの力量だと考えてみてください。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
もし60オーバーまでバリバリ働きたいのであればこれは必須のスキルと断言できます

フリーランスエージェントとのつき合いを大切にしている

常駐型のフリーランスエンジニアで60代オーバーで活躍しているかたをみるとフリーランスエージェントから信頼してもらうような行動をしています。
常駐型のフリーランスエンジニアの場合、フリーランスエージェントとどのように付き合い優先度を上げてもらうかがメチャクチャ大事です。

フリーランスエージェントの立場からすれば、当然30代や40代のエンジニアのほうが契約が決まりやすいからです。
そんな中しっかりと優先度を上げて対応してもらうためにはフリーランスエージェントから信頼してもらう必要があります。

具体的には以下のようなことになります。

  1. 現場の評価を高める
  2. 私用よりもフリーランスエージェントの組んだ面談を優先する
  3. レスポンスを早くする
  4. 書類や提出分の期限を守る
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
当たり前のことですがきっちりと行いましょう

フリーランスエンジニアが定年後・リタイア後をみすえておこなうこと


最後にフリーランスエンジニアの定年後をみすえておこなうことについて触れておきます。
定年後に最も重要となってくるのがお金の問題です。
是非参考にしてみてください。

老後の資金計画をたてる

まず最も大切なのが老後の資金計画を立てることです。
老後までにいくら貯めて毎年どれくらい必要になるのか?という点です。
ここれを逆算すると「今のうちにもっと稼がなくちゃ」「少し節約しないとやばいな」という意識が生まれます。

個人年金

フリーランスエンジニアの場合、正社員のように退職金や企業年金はありません。
そのため個人年金加入は必須です(必要ないほどのキャッシュがある人は別ですが)
個人年金自体は加入することに経済的な合理性はありませんが、あるとお金を使ってしまうというだらしない人が多いのもフリーランスエンジニアの特徴です。
強制的に引き落としされ積み立てすれば使うことはありませんので、いずれかの個人年金に加入しましょう。

投資

投資信託や株式に投資をすることもおススメです。
また、不動産投資もおススメです。
もちろん自分で会社をもったりビジネスをもつこともおススメです。

とにかく年金以外からキャッシュが生まれる方法を若いうちから作っておくことで経済的にも精神的にも非常に安定します。
まずは手堅い投資信託や安定した配当を生み出す株式などの投資から始め、徐々に金額を増やしていくといいでしょう。

今すぐ始めよう!フリーランスエンジニアが不動産投資をするメリットと全知識フリーランスエンジニアが不動産投資をするメリットについて説明させていただきました。 フリーランスエンジニアの場合、兼業や副業で複数収入源をもつことが大変重要です。 不動産投資などの資産運用を成功し、安定して稼げるエンジニアになるためのポイントをお伝えします。 ...

まとめ

フリーランスエンジニアの定年や50代60代の案件事情やキャリアについて説明させていただきました。
本文でもお伝えしたように、50代に突入するとはっきりと定年や引退が見えてきます。
その際にどのような選択肢があるのか?何をするといいのか?という知識があることはエンジニアの人生を左右するほど大切なことです。
この記事を読んでいただいたあなたのお役に少しでもたち、あなたのエンジニアライフがハッピーになるように祈っております。

40代必見!ベテラン御用達のフリーランスエージェント3選はこちら

High-Performer
【高単価×支払いサイト15日】経験豊富な営業と手厚いサポートでエンジニアからの信頼度は業界ナンバーワンです。

【Pe-BANK】
【老舗×安定感】実績は業界でも断トツです。業務系・制御系・汎用系にも強く全国に支店があります。

【midworks】
【保障×安定感】正社員なみの保障とフリーランスの高単価のいいとこどりを狙える点が大人気のエージェントです。