雑学&用語

チキるの意味は?古い?死語?類語は?英語では?恋愛での意味は?徹底解説します!


皆さんチキるという言葉をご存じでしょうか?
チキるは普段は若者を中心にネットや日常でも使われる言葉として有名です。
チキるという言葉の意味や例文・使い方の意味を深く掘り下げて解説させていただきます。

チキるの意味は?

チキるの意味について説明させていただきます。
チキるの意味は「臆病になること」「ビビること」「おびえること」などです。

チキるは主に若者同士が相手を煽ったり自分に対して使うことが多いです。
ただしチキるという言葉のニュアンスとしては本当に挑発しているというよりも仲のいい友達同士などで軽口をたたく際に使われることが多いです。

チキるの例文・使い方

・おばけが怖いとかチキりすぎでしょ。笑
・チキってないで早く告白してこいよ。
・本当は課長に言いたいことあるけどチキるよやっぱり。

チキるを英語でいうと?

チキるを英語でいうとどうなるのでしょうか。
「be chicken」「chicken out」「be a coward 」あたりがチキるに該当します。
ビビッている、意気地がないという意味です。

チキるは死語?

チキるは死語か?ということについて説明させていただきます。
チキるは2021年現在使われてるので死語ではありません。
チキるという言葉が死語で使うのが微妙かもと思っているのであれば心配する必要はありません。

チキるは古い?

チキるは古いかという事について説明させていただきます。
チキるはチキン野郎などという言葉で古くから使われています。
そのためチキるという表現も古く感じることがありますが、流行語として流行っている言葉なので古くはありません。

チキるの対義語

チキるの対義語について説明させていただきます。
チキるの対義語としては「勇敢」「豪胆」「大胆」などがあります。

チキるの類義語は

チキるの類義語について説明させていただきます。
チキるの類義語は「臆病」「腰抜け」「腑抜け」「弱気」「女々しい」などがあります。

チキるはいつから使われていた?

チキるがいつから使われていたかは正確ではありませんが、ここ10年で流行した言葉です。
チキると同じ意味のチキン野郎は昭和時代から使われていました。
チキるはこのチキン野郎という言葉がアレンジされ流行っていると言えます。

チキると若者文化

チキると若者文化について説明させていただきます。
本文でお伝えしたようにチキるは若者言葉で、若者特有のコミュニケーション方法です。
このような観点からチキるという言葉を解説させていただきます。

「〇〇る」「体言+る」と若者言葉

 
「〇〇る」「体言+る」と若者言葉について説明させていただきます。
このようないわゆる「る言葉」は数多くの流行言葉を生んでいます。

「告る」「ディスる」「きょどる」「ぱしる」「ドヤる」などです。
いずれもキャッチーで使いやすく、かつ内容がわかりやすいという特徴があります。
本文でとりあげているチキるも同様のる言葉になります。

チキって話しかけられないの意味

若者の間で頻繁に使われるのがチキって話しかけられないです。
これは恋愛などの対人関係において頻繁に使われ、使い勝手がいいことも特徴です。
本来であれば何故話かけられないのか?という心情を説明する必要があるのですが、チキるという言葉を使うことでなんとなく説明したような雰囲気を出せますので
使い勝手が良いと言えます。

恋愛においてチキるとは

チキるは恋愛関係においても頻繁に使われます。
昨今は恋愛に臆病な男性や女性が増えているため、チキってしまいなかなか進展しないということもあるようです。
若者のTwitterなどのSNSをみると恋愛関係でチキっている、という投稿をよく見かけます。