フリーランスエージェント

【決定版!】フリーランスエージェントを複数使うメリットとデメリットを日本一詳しく解説

この記事を読むとわかること
・フリーランスエージェントに複数登録するメリット
・フリーランスエージェントに複数登録するデメリット
・フリーランスエージェントに複数登録してトラブルにならないための注意点
・おすすめのフリーランスエージェントの活用方法

このページではフリーランスエージェントに複数登録するのはあり?複数登録するのであれば何社くらいまで?という疑問にお答えしようと思います。
フリーランス業界では何社くらい利用するのが常識なのでしょうか?
フリーランスエージェントに複数登録の際に気をつけることやおススメのエージェント利用法までどこよりも詳しく解説させていただきます。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
フリーランス初心者は必見です。
まずは登録!ド定番のフリーランスエージェント5選はこちら

レバテックフリーランス
【独自案件×直案件】とにかく高単価が魅力!高収入フリーランスをガンガン生み出している大人気エージェントです。

ギークスジョブ
【業界最大手×圧倒的な案件数】幅広い案件を揃えており、希望の案件が必ず見つかる安心のエージェントです。

High-Performer
【高単価×支払いサイト15日】経験豊富な営業と手厚いサポートでエンジニアからの信頼度は業界ナンバーワンです。

【Pe-BANK】
【老舗×安定感】実績は業界でも断トツです。業務系・制御系・汎用系にも強く全国に支店があります。

【midworks】
【保障×安定感】正社員なみの保障とフリーランスの高単価のいいとこどりを狙える点が大人気のエージェントです。

Contents

フリーランスエージェントに複数登録するのはあり?なし?


まずフリーランスエージェントに複数登録するのはありでしょうか?なしでしょうか?
結論から言うと複数登録はありなので、基本複数登録をおススメします。
何社くらいの登録がいいのかというとこれはエンジニアのスキルや年齢によります。
目安として以下のように考えておいてください。

・普通のエンジニア 3~4社程度
・決まりにくいエンジニア 5社以上

スキル別!フリーランスエージェントに複数登録するべきか?について

次にスキル別に考えてみましょう。
スキルによって複数登録したほうが効率よく営業ができる場合とそうでもない場合があります。
それぞれ説明しましたので参考にしてください。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
上から順に複数登録したほうがいい順に並べました
  1. コンサル、PM/PMO案件
    →エージェント独自のコネクション案件・営業のコネクション案件が多いです。非公開案件が多いため、複数のエージェントに相談すると圧倒的に効率がいいです。
  2. 経験浅め、若手案件
    →エージェント独自枠やセット提案枠などを保有していることもあります。できれば複数社登録したいです。
  3. インフラ案件
    →エージェント独自の案件がちらほらあります。比較的複数登録しておくと有利です。
  4. オープン系開発案件
    →大手やエンド企業の案件はほぼどこのエージェントも変わらない。複数登録していくと単価の比較ができるのでやや有利です。
  5. 汎用機、制御系案件
    →出回っている案件はこのエージェントもあまり変わらないです。商流の確認は必須。汎用機、制御系に強みのあるエージェントに絞って登録がおススメです。

フリーランスエージェントに複数登録するメリットについて


本題であるフリーランスエージェントに複数登録するメリットについて説明させていただきます。
常駐型のフリーランスエンジニアが複数登録するメリットは非常に大きいです。
早速見ていきましょう。

・紹介してもらう案件の幅が増える
・案件が決まりやすくなり、待機リスクが減る
・単価・条件の交渉がしやすい
・サービスの比較ができる
・たくさんの営業マンに出会うことができる

フリーランスエージェントに複数登録するメリット①紹介してもらう案件の幅が増える

フリーランスエージェントに複数登録することで紹介してもらえる案件の幅が広くなります。
フリーランス案件の特徴として以下のようなことがあげられます。

  1. フリーランスエージェントは各社独自の案件を持っている
  2. 募集から募集終了までのサイクルが早く、動きが早い
  3. 案件エントリーのタイミング・提案数が重要
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
複数社登録することでタイミングを逃さずにチャンスを捉えられる可能性が高くなります。

・希望する内容にベストマッチの案件
・募集枠が少ないけれど条件がいい案件
・フリーランスエージェントの独自ルート、独自枠の案件

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
複数登録することでこのような案件に決まる可能性が高くなります♪

フリーランスエージェントに複数登録するメリット②案件が決まりやすくなり、待機リスクが減る

フリーランスエージェントに複数登録することで紹介される案件数が増えます。
紹介される案件数が増えるという事は現場が決まりやすくなり待機のリスクが減ります。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
この案件と案件の間を切らさないことが常駐型のフリーランスエンジニアの年収を左右する重要なポイントです。

常駐型フリーランスエンジニアは高単価案件に参画することばかり考えがちですが、待機になってしまったら何の意味もありません。
一か月待機になってしまったら年収は8%ダウンです(8%年収を上げるには簡単ではないですよね)

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
高単価案件に参画するのとおなじくらい案件を切らさず次の現場に参画するというのは大事なことなのです。

フリーランスエージェントに複数登録するメリット③単価・条件の交渉がしやすい

フリーランスエージェントに複数登録することで単価や条件の交渉がしやすくなるというメリットもあります。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
例えば同じ案件を複数エージェントから紹介された時に、単価の高いフリーランスエージェントを選んでエントリーすることができます。

他社から紹介を受けている案件は●●万円なので~という形で自分に有利な条件を引き出すことも可能です。
複数登録しているとフリーランスエージェントから提示されている単価を鵜呑みにするのでなく一旦検討したり交渉ができる点は大きなメリットです。

フリーランスエージェントに複数登録するメリット④サービスの比較ができる

フリーランスエージェントに複数登録することで各企業のサービスを比較することができます。
フリーランスエージェントのサービスとは具体的に以下のようなものです。

  1. 紹介する案件の質・マッチ度
  2. 紹介する案件の単価
  3. 紹介する案件の量
  4. 営業マンの質

フリーランスエージェントの質は本当にピンキリです。
悪いエージェントの例として以下のような具体例があげられます。

・紹介される案件がスキルにあっていない
・適当なマッチングをしている、配信していることがバレバレ
・希望度の低い案件を強引に面談設定しようとする
・同じ案件なのに他社のフリーランスエージェントより単価が低い
・紹介される案件の面談回数が多く、商流が深い

フリーランスエージェントは多数ありますので、できるだけいいサービスを受けたいですよね。
1社しか登録しないと例えサービスが悪くても「まあこんなもんか」と妥協してしまいがちですが、複数登録することでサービスの善し悪しを比較することができるのです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
長い付き合いになりますので、できる限り自分のストレスがない取引ができる企業を選びたいものですよね。

フリーランスエージェントに複数登録するメリット⑤たくさんの営業マンに出会うことができる

フリーランスエージェントに複数登録することでたくさんの営業マンに出会うことができます。
実はフリーランスエージェント選びと同じくらい大事なのが営業マンの質で、実は営業が全てといっていいほど重要な役割をしめます。
それは何故かというと以下のような理由です。

  1. 営業マンによって紹介される案件数・質が全く違う
  2. 営業マンによって独自のコネクションをもっている
  3. 営業マンによってトラブル対応やレスポンスの良さが全く違う

実際にSES業界で働くとわかりますが、エージェント企業だけでなく営業マンの質も本当にピンキリです。
ぶっちゃけ何もわかってないような新人も少なくないですし、逆にめちゃくちゃエンジニアのために献身的に動いてくれる営業マンもいます。
どういった営業マンと付き合うかで常駐型のフリーランスエンジニアの生活は全く変わってきます。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
とにかくいい営業マンと出会えれば勝ち確定です

フリーランスエージェントに複数登録するデメリットについて


フリーランスエージェントに複数登録するデメリットについて説明させていただきます。
フリーランスエージェントに複数登録することはメリット、デメリット両方あります。
必ず一社に絞らなければいけないor複数登録しなくてはいけないというようにどちらかに決めつける必要はありません。
その時の案件探しにおける優先順位や考え方次第になりますので、まずはどういったデメリットがあるかを理解しておきましょう。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
メリット、デメリット両方あり一長一短ですのでその時の状況に応じて変えるでもOKです。
・面談日程調整・電話対応が面倒
・フリーランスエージェントごとのルールがあるのが面倒
・別のエージェントで決まった時に断らなくてはいけない
・他社で動いていると優先順位が下がることもある

フリーランスエージェントに複数登録するデメリット①面談日程調整・電話対応が面倒

フリーランスエージェントに複数登録すると面談の日程調整・連絡事などの電話対応で時間を割かれてしまいます。
フリーランス案件は動きが早いため、急ぎでの対応を求められることも多いため必然的に電話での対応回数も多くなります。
業務時間中に何度も席を外す必要もでてきますので、それを面倒くさいと感じるエンジニアは決して少なくありません。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
これが一社だけであれば電話やメールも一本化されますし面談の調整の日程がかぶったり面倒な手間は
グンと減ります。

フリーランスエージェントに複数登録するデメリット②フリーランスエージェントごとのルールがあるのが面倒

各エージェントごとに案件の進め方や、ルールがあるのが面倒くさいというフリーランスエンジニアも多いです。
例えば以下のような具合です。

A社は案件確認をせずに勝手に進める
B社は回答期限を区切ってくる
C社の●●案件は断りずらい

もちろんこういったフリーランスエージェントや案件ばかりではありません。
ただし、エージェント各社はお客様とのつき合いやそれぞれの事情があります。
ですのでエンジニア側に何らかのルールや依頼・制約が入るケースも結構多いのです。

エンジニアが進め方を熟知している懇意の営業さんであればこういった面倒くさいことにはなりません。
これはフリーランスエージェントに複数社登録するデメリットと言えるでしょう。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
自分にあった営業の進め方をしてくれるエージェントが一番ですね

フリーランスエージェントに複数登録するデメリット③別のエージェントで決まった時に断らなくてはいけない

フリーランスエージェントに複数登録すると別のエージェントで案件の参画が決まった時に断る必要があります。
フリーランスエージェントは案件を集め、紹介し提案し面談設定するまで実はかなりの時間を使っています。
懇意のお客様に打診したり、仲のいい営業さんに確認したりとエンジニアの見えないところで労力を使っているものです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
そういった事情を知っていると断る時に申し訳ない、という気持ちになることもあります。

他決(他社で決定すること)は業界でよくあることなので仕方がありません。
ただ多数のエージェントに声をかけている場合他決の連絡だけで結構な手間になりますので、予めデメリットとして理解しておきましょう。

フリーランスエージェントに複数登録するデメリット④他社で動いていると優先順位が下がることもある

フリーランスエージェントに複数登録するデメリットとしてはエージェントからの優先順位が下がることもある、ということです。

フリーランスエージェントの営業は担当するエンジニアが複数います。
その中で決めなくてはいけない人・決まりそうな人の優先順位をつけて営業しているのです。
そのため明らかに他社で決まりそうな人や対応がいい加減や人の優先順位は下げていきます。

複数社登録するのは当然なのですが、各社の対応がいい加減になってしまうようですとエージェントから受けるサービスの質が下がってしまいます。
そういった意味でエージェントに複数社登録する場合、3社~5社程度が適切な数と言えるでしょう。

気をつけよう!フリーランスエージェントに複数登録しトラブルになるケース


次にフリーランスエージェントに複数登録しトラブルになるケースについて説明させていただきます。
SES業界の場合、エンジニアに悪意がなくても知識がないためにトラブルになったり関係者に迷惑をかけたりするケースも少なくありません。
「自分は悪くない」といっても正しいのは業界のルールになりますので、しっかりと知識をつけていくことが大切です。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
フリーランス初心者は特にチェックしてみてください。
・並行状況を伝えない
・面談の日程被り
・優先度を伝えない

並行状況を伝えない

複数登録してトラブルになるケースとして、他社の並行状況を伝えないという場合です。
並行状況とは業界用語で「他に進んでいる案件がどのような状況か」という意味です。

何故並行状況を伝えないといけないのでしょうか。
理由は簡単で、フリーランスエージェントの事業はクライアントとの関係性の上で成り立っているからです。

並行状況を伝えずに面談キャンセルや辞退ばかりしていたらクライアントからの印象はどうでしょうか?
「このエージェントはエンジニアをグリップできてない」「いい加減なことばかりしてくる」となり信頼性を失ってしまったり、取引に悪影響がでてくるのです。

エージェントへの並行状況の伝え方は?

それではフリーランスエージェントへの並行状況はどのように伝えたらいいでしょうか。
並行状況は、できる限り詳しく説明することがポイントです。
フリーランスエージェントの営業担当者はその並行状況を考慮して「この結果をみてから提案しよう」「ここでお客様に話をしよう」「結果がでるまで営業ストップしよう」などと動き方の計画を立てることができるからです。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
並行を伝えることでフリーランスエージェントがスムーズに動くことができます
(例)並行状況
面談設定
●月●日●時に面談(2回面談のうち1回目)
●月●日●時に面談(1回面談)

面談調整中
●月●日●時~●時の間で調整中

結果待ち
一件(●月●日に回答予定)

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
こんな感じで伝えましょう。
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
何も言わずにいきなり「決まっちゃいました」「辞退します」は絶対にNGです。

面談の日程被り

面談の日程被りもトラブルになりますので絶対にNGです。
例えば面談依頼がきている状況で、A社とB社に対して同じ時間帯で調整を依頼したら被ってしまいますよね。

面談日時はエンジニアの都合だけで設定される訳ではありません。
クライアントの担当者やフリーランスエージェントの担当者の日程も考慮して、関係者がスケジュール調整してはじめて設定できるものです。
面談被りをすると関係者に迷惑をかけ、再度調整をしなくてはいけませんので気をつけましょう。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
面談日程は自分が必ず参加できる日時を指定しましょう。

優先度を伝えない

複数登録してトラブルになるケースとして案件の優先順位を伝えない、というものがあります。
これはフリーランス初心者には少し難しいかもしれません。
正社員の転職活動であれば面接した企業の優先順位は自分だけが知っていればいいので誰かに伝える必要がありません。
また、面接の結果がでてから再度どこの企業にいくか検討する時間的な余裕もあります。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
SES業界の場合は勝手が違います。
面談を受けて優先度が低い、辞退する可能性が高いのであればすぐに伝えなくてはいけません。
とりあえず保留にしておいてやっぱりやめた、というのはNGです。

複数登録するエンジニアについてエージェントはどう考えるか?


次にフリーランスエージェント側から見て、複数登録しているフリーランスエンジニアはどうなのか?という観点でお話していきます。
ここまでフリーランスエンジニア観点でメリットデメリットを伝えてきました。
フリーランスエージェント観点で物事を考えると「こういうことはしちゃいけないな」など新しい気付きがあると思います。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
フリーランスエンジニアとフリーランスエージェントはあくまでもビジネスパートナーです。
お互いにメリットがあるよう協力しながら仕事をスムーズに進めていきたいですよね。

フリーランスエージェントはめちゃくちゃ忙しい

フリーランスエージェントの営業担当者は当然自社で契約を決めたいと思っています。
なので新規の登録があったエンジニアは頑張って営業します。
ところが、営業のリソースは限られていてかなり忙しいです。

SES営業の業界で働いていたかたであればわかりますが、営業担当者は一日中各方面からの電話が鳴りっぱなしです。
稼働しているエンジニアのトラブル対応や相談ごとなどフォローにもかなり時間を割かれます。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
そういった中で新規の契約を決めるためには効率的にかつ優先順位をつけてうごくことが必須となってくるのです。

フリーランスエージェントの優先順位は?

ではフリーランスエージェントはどのようにしてフリーランスエンジニアの優先順位をつけるのでしょうか?
以下を参考にしてみてください。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
上から優先順位が高い順です。
  1. 専属で営業を任せてくれるエンジニア
  2. 長期的に付き合えそうなエンジニア
  3. 早く決まりそうなエンジニア
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
あまりに並行が厚いエンジニアや冷やかしで登録したエンジニアの優先順位が下がってしまうのは仕方がないことです。

結論!エージェントは複数登録がいい?1社に絞るのがいい?


ここまでフリーランスエージェント複数登録するメリットデメリットについてお話してきました。
また、エージェント側の立場についても説明してきましたので、より理解が深まったのではないでしょうか。
結論として、フリーランスエージェントは複数登録がいいのか?1社に絞ったほうがいいのか?についてお伝えしようと思います。

1社に絞るメリットは?

フリーランスエージェントを1社に絞るメリットは非常に大きいです。

  1. エージェントの責任が大きくなるので担当営業が必死になって案件を決めてくれる
    →自社専任で決まらないとすると営業の能力の問題になってきます。また、営業担当からすれば動けば必ず契約に繋がるわけなので必死で動いてくれます。
  2. 担当営業以外の営業もサポートしてくれたり会社として協力してくれる
    →契約を決めると会社にメリットがあるので全社をあげて協力してくれたりします。これだけで実質複数エージェント登録しているのと同様の効果であります。
  3. 長期的な付き合いになるので何かと優遇されやすい
    →あまり大きな声ではいいにくいですが、長期的な実績があり1社専任のエンジニアは何かと優遇されます。
    (特に単価まわりのことなど)専任で営業できるエンジニアを失う損失がめちゃくちゃ大きいため、ある程度の交渉であれば融通を聞かせてくれることが多いです。

管理人の結論は?

ここまで踏まえて管理人の結論をお伝えします。
それは本当に信頼できるフリーランスエージェント1社もしくは2社と付き合うことです。
もしそこまで信頼できるエージェントが見つからないのであれば見つかるまでは3社~5社キープしていくといいでしょう。

あまり質のよくないフリーランスエージェントであれば1社~2社に絞る必要は全くありません。
また、本当に信頼できるフリーランスエージェントか?というのは色々案件の紹介を受け、さらに稼働後の対応もみないと判断できません。
そう考えるとある程度時間をかけながら付き合うエージェントを絞りこんでいくのがおススメの方法です。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
時間はかかっても本当に自分にあったエージェントをみつけよう

まとめ

フリーランスエージェントの複数登録について解説させていただきました。
複数登録のメリット、デメリットについてご理解いただけたのではないでしょうか。
常駐型のフリーランスエージェントにとってエージェントとのつき合いは何よりも重要です。
このページを参考に自分にあったフリーランスエージェントと営業担当を探しあて、素晴らしいエンジニアライフになるように祈っております!

利用しないと損する!?ド定番のフリーランスエージェント5選はこちら

最後に管理人がおすすめするド定番のフリーランスエージェントを紹介しておきます。
全て管理人が登録し、案件の紹介を受けたエージェントばかりなので安心して利用していただけます。
優良なフリーランスエージェントに登録するだけであなたの年収は100万円単位で違ってきます。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
まだ未登録のフリーランスエージェントがある人は是非一度サービスを利用してみることをおすすめします。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
あなたに合ったフリーランスエージェントが見つかりますように!

レバテックフリーランス

登録はこちら→フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
・業界知名度ナンバーワン
・直請け×独自案件で他社と差別化
・徹底的にこだわった高単価案件

が特徴のフリーランスエージェントです。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
定番中の定番ね。高単価を狙うなら登録ば必須ね。

ギークスジョブ

登録はこちら→フリーエンジニア5日以内に案件決定!【ギークスジョブ】

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
・業界最大手
・圧倒的な案件数と様々なニーズに対応できる豊富な案件を揃えている
・現場が決まるまでのスピードがめちゃくちゃ早い

が特徴のフリーランスエージェントです。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
どんなエンジニアでもマッチした案件をすぐに紹介してくれますよ。

High-Performer

登録はこちら→High-Performer

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
・高単価案件が豊富
・ハイスペック向け案件が充実
・営業の質が高くサポートが手厚い

が特徴のフリーランスエージェントです。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
経験者にはめちゃくちゃおすすめできるエージェントです。

Pe-Bank

登録はこちら→独立を考えるITエンジニアの方へ【Pe-BANK】

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
・老舗エージェントで業界実績は断トツ
・業務系・制御系・汎用系案件も豊富で40代以降のエンジニアの強い味方
・長期契約すればマージンが下がるためリピーターが非常に多い

が特徴のフリーランスエージェントです。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
歴史があるエージェントで信頼感は抜群です。

Midworks

登録はこちら→エンジニアの独立支援なら【midworks】

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
・正社員なみの保障制度
・エンジニアへの高還元により高単価を実現
・交通費支給・書籍費購入など他社にはないサービスが充実

が特徴のフリーランスエージェントです。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
フリーランスでも安定した環境で稼ぎたい!という方は
是非登録をおすすめします。