雑学&用語

ギャグ線とは?意味を例文付きで解説!ギャグ線高くなりたい人も必見


皆さんはギャグ線という言葉を聞いたことがありますでしょうか?
ギャグ線とは若者言葉として有名な言葉です。
ギャグ線が高い低い無いなどというフレーズを耳にしたことがある人もいるかと思います。
ここではギャグ線の言葉の意味を掘下げて解説させていただきます。

ギャグ線の意味とは?

ギャグ線の意味について説明させていただきます。
ギャグ線の意味とは「ギャグのセンス」の略です。

ギャグのセンスとは「人を笑わせる能力や感性」のことを言います。
TVを見ていると芸人が思いもよらない返しをして爆笑をとることがありますよね?
ああいった瞬発力を持つ人が典型的なギャグ線が高い人ということになります。

ギャグ線は能力なので「高い・低い・ない」などという表現をされることがほとんどです。
面白しろくて周りを笑わすことのできる人はギャグ線が高い、つまらない人はギャグ線が低いもしくはないという言われ方をします。

ギャグ線と笑いのタイプ

ギャグ線が高い人にも色々なタイプが存在します。
芸能人でいうと明石家さんまさんのようにとにかくしゃべって面白いと思われる人。
松本人志さんのようにボソっとメチャクチャ面白い人。
また、ボケだけでなく面白く的確にツッコむことができる人も場を楽しくできますのでギャグ線が高いと言われることが多いです。

あなたがもしギャグ線を高くしたいと思っているのであればまずは自分のタイプを見きわめるという事をしてみてもいいかもしれません。

ギャグ線の類義語

ギャグ線の類義語について説明させていただきます。
ギャグ線の類義語は「ユーモア」「ユーモアセンス」になります。

また、ギャグ線の意味とは少しずれますが面白い人や様子を表す様として以下のような言葉がありますので参考にしてみてください。
「ひょうきん」「こっけい」「ユニーク」「ウィットに富んだ」「機知に富んだ」「ヒネリの利いた」

ギャグ線の語源と歴史

ギャグ線の語源について説明させていただきます。
ギャグ線の元々の意味であるギャグセンスは2000年前あたりから若者言葉として利用されていました。
それが最近になりギャグ線という言葉で再び流行りだしたという歴史があります。

ちなみにセンスを略している「線」ですが単純に当て字なので線という漢字字体に意味はありません。

ギャグ線を使った例文

ギャグ線を使った例文について説明させていただきます。
「あの先生本当にギャグ線たかいよね」
「それは笑った。ギャグ線高すぎ!」

ギャグ線の意味を深く知るための知識

ギャグ線の基礎知識について一通り説明させていただきました。
ギャグ線の意味を深く知るためにもう少し補足で説明させていただきますので参考にしてみてください。

ギャグ線は死語?

ギャグ線は死語かについて説明させていただきます。
ギャグ線は2021年の時点で死語ではありません。
まだまだ使われる言葉ですが、流行語大賞に入ったりトレンド入りするほど流行っているほどの勢いがある言葉ではありません。

ギャグ線は若者の間で普通に使われる言葉があるレベルで死語ではない、という認識で問題ありません。

ギャグ線が高くなりたい場合はどうしたらいい?

ギャグ線が高くなりたい人はどうすればいいのでしょうか。
ギャグ線を高めるためにはTVや周りでギャグ線が高い人を参考にするといいでしょう。
もちろんそのままパクるのでなく雰囲気や言葉遣いや間合いなどが重要です。

また、あなた自身のキャラクターを把握することも大事です。
そんなにはっちゃけたキャラでないのに笑いをとるために無理をしているのは周りからみると寒いです。
自分のキャラクターに近い人がどういった方法で笑いをとっているか観察するのがギャグ高を高めるにはいい方法です。

ギャグ線がない人はダメ?

ギャグ線がない人はダメなのでしょうか。
結論からいうとギャグ線がなくても全く問題ありません。
人にはそれぞれの役割があります。
笑いをとる役割の人もいれば控えめで無口な人がいてもいい訳です。

自分に向いてない役割を演じても辛いだけですし、自然なままのあなたで受け入れてくれるような友人関係を大事にしたほうがいいでしょう。

ギャグ線が高い女子ってどう?

ギャグ線が高い女子について説明させていただきます。
ギャグ線が高い女子は一緒にいて楽しいので同性からは人気がでるでしょう。
どころが異性からはモテないというのが現実です。
男性はギャグ線が高くて笑わせるタイプよりも一歩後ろをついて歩いてくれているようなタイプが大好きです。
ギャグ線を高める努力は不要なので、そのあたりをふまえダイエットをしたり女性磨きをすることがモテるための近道です。

ギャグ線が高い人の特徴とは

ギャグ線が高い人の特徴について説明させていただきます。
ギャグ線が高い人の特徴は「空気が読める」「コミュニケーション能力が高い」「語彙力が豊富」「頭の回転が速い」「思い切りがいい」など色々とあります。
これからギャグ線を高めたいのであれば自分に足りない部分を知り努力することが必要です。
また、会話術の本や面白い話術の本などもたくさん出版されていますのでそういった書籍を読んでみるのもいいでしょう。

ギャグ線が高い言葉とは?

ギャグ線が高い言葉について説明させていただきます。
ギャグ線が高い言葉というのはその場の雰囲気や人間関係にもよるため決まったフレーズがあるわけではありません。
ギャグ線が高い言葉の特徴とは言えば、「空気を読んで思い切った言葉を堂々と言える」という事になります。
これは芸人でさえ難しいのですが失敗を恐れずにトライすることで少しずつ面白いことをいえるようになってくる確率は高まります。