フリーランスエージェント

3分でわかる!フリーランスエンジニアの案件の期間についての基礎知識

この記事を読むとわかること
・常駐型フリーランスエンジニアの期間について基礎知識
・契約期間の単位と契約終了時の注意点

このページでは常駐型フリーランスエンジニアの案件の期間について解説させていただきます。
フリーランスエンジニアの経験が浅い方は「どれくらいの期間の案件が多いの?」「一度現場に入ったら何か月くらい働くんだろう?」「現場を抜ける時にトラブルにならないようにしたい」など不安な点も多いと思います。
ここではフリーランス案件の「期間」にスポットを当てて解説させていただきます。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
常駐型フリーランスエンジニアにとっては、どういった案件にどれくらい参画するか?というのは非常に重要なポイントですよね。
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
そうそう。フリーランス初心者の方は参考にしてみてね。

http://www.freelance-kanzen.com/margin/

まずは登録!ド定番のフリーランスエージェント5選はこちら

レバテックフリーランス
【独自案件×直案件】とにかく高単価が魅力!高収入フリーランスをガンガン生み出している大人気エージェントです。

ギークスジョブ
【業界最大手×圧倒的な案件数】幅広い案件を揃えており、希望の案件が必ず見つかる安心のエージェントです。

High-Performer
【高単価×支払いサイト15日】経験豊富な営業と手厚いサポートでエンジニアからの信頼度は業界ナンバーワンです。

【Pe-BANK】
【老舗×安定感】実績は業界でも断トツです。業務系・制御系・汎用系にも強く全国に支店があります。

【midworks】
【保障×安定感】正社員なみの保障とフリーランスの高単価のいいとこどりを狙える点が大人気のエージェントです。

フリーランスエンジニア案件の期間についてあれこれ


まずはフリーランス案件の期間についての基礎知識から解説させていただきます。
常駐型のフリーランスを検討している方は参考にしてみてください。

フリーランス案件の期間はどのように分類される?

常駐型のフリーランス案件において案件の期間は以下のように分類されます。

  1. 短期案件(1~3か月)
  2. 中期案件(3か月~1年)
  3. 長期案件(1年以上~5年)

ちなみに案件の割合としては中期・長期案件が8割以上を占めます。

フリーランスの常駐案件というとスポットでの助っ人的なイメージを持つ人もいますが、実際はスキルや経験が豊富な人が多いので中長期で参画してプロジェクトの中心になるケースが多いです。

一度入った現場はどれくらい期間いないとダメ?

常駐型のフリーランス案件に参画した場合、これくらいはいないとダメという期間的な制約はあるのでしょうか?
結論からいうと、契約単位を基準に契約の更新が行われますのでその期間は稼働しないといけません。
(契約単位については後述させていただきます)

ざっくりとした基本的な考え方は以下のようになります。

  1. 短期案件、中期案件→プロジェクトの区切りがいいところまで
  2. 長期案件→ケースバイケース

長期案件の場合、十年単位で継続するような超長期プロジェクトもあります。
同一現場に超長期で参画できる人は一握りだと思いますので、そこは頃合いをみて現場を抜ける感じになります。

契約単位について

フリーランスエンジニアが忘れてはいけないのが、契約単位です。
(契約単位とは更新期間・発注期間という呼ばれ方もされます。)
エージェントとエンジニアはこの契約単位を基準に更新を行っていくことになります。
契約単位には以下のようなものがあります。

  1. 単月更新
    →自動更新。クライアント、エンジニア双方が契約終了の一か月前に連絡する形です。
  2. 二か月更新
    →比較的多い契約単位です。
  3. 三か月更新
    →最も一般的な契約単位です。
  4. 半年/一年更新
    →少ないですが元請けの受託案件やインフラの長期保守案件でみかける契約です。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
基本的には契約単位の期間中は抜けることはできません。

契約終了の一か月前には連絡をする

現場を抜けたいときには契約単位を基準に契約終了の一か月前には連絡をしましょう。
(もちろん一か月以上前でも早い分には問題ありません。)

例:3月末に契約終了にして現場を抜けたいと思ったら2月中にはエージェントに連絡をする。

契約単位はプロジェクトの長短とは無関係

補足の説明ですが、契約単位はあくまでエンド企業や元請け企業の発注単位のルールであってプロジェクトの長短とは関係ありません。
フリーランスエンジニアの中には「単月更新ということはすぐに終わってしまうプロジェクトなの?」「安定しないのでは?」ということを言う方がいますので全く関係がありません。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
契約単位はお客さんの社内ルールになりますので、これに対して交渉したりすることは控えたほうが無難です。

現場を抜ける時に注意すること


最後に現場を抜ける時にフリーランスエンジニアが注意すべき点について解説させていただきます。
せっかく現場と良好な関係を構築していても、最後の抜け方ひとつでトラブルになってしまうケースもありますので気をつける必要があります。

・プロジェクトに影響がない形で抜けること
・何故抜けるのか?理由を明確に
・まずはエージェントに相談

プロジェクトに影響がない形で抜けること

最も大切なことがプロジェクトに影響がない形で抜けることです。
ルールとして、短期・中期案件は基本的に途中で抜けない事。
長期案はプロジェクトの様子を見ながらエージェントと相談すると覚えておくといいでしょう。

特に短期・中期案件は途中で抜けないという点は大切なことです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
これは雇用する側の立場に立てば理解できるはずです。
短期間や中途半端な形で抜けるというのは顧客からするとお金をドブに捨てたようなものです。
教育コストも馬鹿になりませんし、プロジェクトへの貢献度は低いのにお金だけ払ったような形になってしまうからね。

何故抜けるのか?理由を明確に

ただ現場を抜けたい!ではなくきちんと理由を説明することも大切です。
このあたりは少し難しいところで、契約は単月~3か月更新ですがだからといって理由なく延長を断っていいかというと微妙なところです。

それはSESや常駐型フリーランスにおいては暗黙のルールがあるからです。
そのルールは一体何かというと基本的にはプロジェクトの区切りのいいところまでしっかりと支援をするということです。
(エンジニアが延長契約する気があっても予算の都合などで切られてしまうこともあるのでフェアでないといえばそうなのですが仕方がありません)

ですので抜けたい場合は理由を明確にすること、エージェントに調整してもらえることであればまずは相談するこということが大切です。
(例:稼働やタスクの量、仕事の振り方、人間関係など)

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
相談することで問題が解決することも少なくないですし、問題が解決し関係者がハッピーになる可能性もあるのです。

まずはエージェントに相談

繰り返しになりますが、現場を抜けたい・現場に何か問題があるなどとの時はまずはエージェントに相談しましょう。
最もダメな例は勝手に次の現場を決めて「●●月末で抜けます」とすることです。
常駐型のフリーランスはアルバイトではありません。
関係者も多く一人抜けただけでプロジェクトに大きな影響を与えたり、色々と動いてくれたエージェントに迷惑をかける可能性もあります。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
もちろん事情があって現場を抜ける場合は仕方がありません。
その時にもしっかりと関係者に説明をすることや、マナーを守る必要があるということです。
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
きちんとした抜け方をすることで現場を離れた後でも声をかけてもらって再度復帰できることもあります。
常駐型のフリーランスエンジニアの世界は結構せまいのでご縁を大事にしたいですよね。

まとめ

常駐型フリーランスエンジニアの案件期間や契約単位、現場を抜けるタイミングやその方法について説明させていただきました。
フリーランスエンジニアの魅力の一つとして自分の好きな仕事を選べるということです。
普段は常駐型フリーランスエンジニアでも、在宅案件で魅力的なものがあればそちらの仕事に切り替えても問題ないわけです。
著者の知人でも常駐案件と在宅案件をうまくスイッチしながら活躍しているフリーランスエンジニアは多いです。
フリーランスエンジニアの場合、案件と案件のスイッチのタイミングが少し難しいのですがここで書かれた方法を参考にトラブルなく常駐現場を抜けることを心がけてみてください。
あなたのフリーランスエンジニアライフが少しでもハッピーになりますように!

まずは登録!ド定番のフリーランスエージェント5選はこちら

レバテックフリーランス
【独自案件×直案件】とにかく高単価が魅力!高収入フリーランスをガンガン生み出している大人気エージェントです。

ギークスジョブ
【業界最大手×圧倒的な案件数】幅広い案件を揃えており、希望の案件が必ず見つかる安心のエージェントです。

High-Performer
【高単価×支払いサイト15日】経験豊富な営業と手厚いサポートでエンジニアからの信頼度は業界ナンバーワンです。

【Pe-BANK】
【老舗×安定感】実績は業界でも断トツです。業務系・制御系・汎用系にも強く全国に支店があります。

【midworks】
【保障×安定感】正社員なみの保障とフリーランスの高単価のいいとこどりを狙える点が大人気のエージェントです。