フリーランスエンジニア基礎知識

現役フリーランスが教える!エンジニアが「独立前に知るべき実態」と知識の全て

この記事を読むとわかること
・知って起きたいフリーランスエンジニアの実態
・フリーランスエンジニアになるべきパターン、具体例
・独立を考えている人にアドバイス

このページではフリーランスエンジニアの実態と独立前に知っておきたい知識について解説させていただきます。
フリーランスエンジニアに興味があり色々知りたいけれどリアルな実態がわからず不安を感じている、という人は多いのではないでしょうか。
現役のフリーランスエンジニアで業界歴20年の著者が、自身の経験を元にフリーランスエンジニアの実態をお伝えさせていただきますので、参考にしていただける部分がありましたら幸いです。

まずは登録!ド定番のフリーランスエージェント5選はこちら

レバテックフリーランス
【独自案件×直案件】とにかく高単価が魅力!高収入フリーランスをガンガン生み出している大人気エージェントです。

ギークスジョブ
【業界最大手×圧倒的な案件数】幅広い案件を揃えており、希望の案件が必ず見つかる安心のエージェントです。

High-Performer
【高単価×支払いサイト15日】経験豊富な営業と手厚いサポートでエンジニアからの信頼度は業界ナンバーワンです。

【Pe-BANK】
【老舗×安定感】実績は業界でも断トツです。業務系・制御系・汎用系にも強く全国に支店があります。

【midworks】
【保障×安定感】正社員なみの保障とフリーランスの高単価のいいとこどりを狙える点が大人気のエージェントです。

外れなし!管理人厳選のプログラミングスクール3選はこちら

現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー
【現役エンジニア×豊富なコース】圧倒的な講師陣の質が自慢のプログラミングスクール。コースも豊富で必ず学びたい言語が見つかります。本気で学ぶのであればおすすめしたいプログラミングスクールです。

受講者満足度も90%以上!【WebCamp】
【未経験×返金保証】オリラジ藤森さんでおなじみのWebCamp。最短一か月でプログラミングを学べます。完全未経験から社会人まで幅広い層に人気のプログラミングスクールです。

Tech Boost
【オンライン×手厚いサポート】手厚いサポートが売りで、卒業後もキャリアアドバイザーに相談できます。講師は全員現役エンジニアで授業の質もバッチリです。

Contents

独立前に知っておきたいフリーランスエンジニアの実態6つ!


まずはフリーランスエンジニアに興味があるけれど、「自分になれるのかな?」とか「本当に稼げるのかな?」という不安を感じている方向けにフリーランスエンジニアの実態をお伝えさせていただきます。
6つありますので、一つ一つ説明させていただきます。

全く優秀でなくともフリーランスエンジニアとして活躍できる

「フリーランスエンジニアはみな優秀な方ばかりと聞くので不安」「自分のスキルではやっていくのが難しいのではないか」と考えている方は少なくないようです。
結論からいうと全く優秀でなくとも独立してフリーランスエンジニアとして活躍できますので心配ありません。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
現に業界経験1~2年の若手フリーランスが独立している時代ですので、経験者のSEであれば仕事はたくさんあります。

ちなみにフリーランスエンジニアのスキルレベルをパーセンテージで分類するのであれば以下のような感じです。

スーパーエンジニア 全体の1割以下。金融機関や大手事業会社などに紛れ込んでいるスキルがバグっているエンジニア。
報酬は月数百万円単位。ちょっと変人が多い。
優秀~非常に優秀なエンジニア 全体の2割程度。
フリーランスエンジニア経験が長い優秀なエンジニア。
こういったエンジニアを中心に回るプロジェクトも多い。
普通のエンジニア 全体の5割程度。
いわゆる普通のSE/PG。何らかの言語の経験があり設計・開発・テストの工程を普通にこなすことができるエンジニア。
案件数は非常に多いので食う事に困ることはありません。
平均以下のエンジニア 全体の2割程度。
コミュ力、スキルなど何かしらかの問題があるエンジニア。
「フリーランスエンジニアで食っていくのは無理」などと言いがち。
トラブルメーカーも多い。
ポイント
普通のSEであれば全く問題なく独立してフリーランスエンジニアとして活躍できます。

常駐型のフリーランスエンジニアはとにかく稼げる

常駐型のフリーランスエンジニアはとにかく稼げるという実態があります。
理由は簡単で以下のようなものです。

  1. 正社員のように搾取されないから
  2. 売り手市場で常駐型フリーランスエンジニアの単価が高騰しているから
  3. 忙しい現場だと超過(残業代)も発生するためさらに高収入な状況が生まれやすいから
  4. スキルがハマる現場だと相場よりさらに単価が跳ね上がるケースも多いから

では常駐型のフリーランスエンジニアが実際どれくらい稼げるか、というとこれは個人の習得スキル・経験年数に左右されますのでケースバイケースです。
目安として何らかの開発経験を持つSEであれば単価相場が70万円~80万円です。
これに超過(残業代)がついたり経費として使えるお金が生まれたりしますので、年収1000万円オーバーは全く難しくありません。
収入面においては常駐型のフリーランスエンジニアが最強であることは間違いありません。

【未経験歓迎】稼げるフリーランスエンジニアになる全情報!稼げない人が年収1000万を目指す方法の全てフリーランスエンジニアは本当に稼げるの?それとも稼げない? フリーランスエンジニアが稼げる分野、稼ぐための考え方や具体的な方法を徹底解説! 未経験向けに稼げる言語やマインド面もレクチャー。 稼ぎたいフリーランスエンジニア必見のページです。 ...

在宅型のフリーランスエンジニアは向き不向きがある

在宅型のフリーランスエンジニアの実態を言うと、すごく稼げている人は一部で比較的細々もしくはそれなりの稼ぎでやっている人が多いというのが現実です。
理由は以下のようなものです。

  1. 在宅型の場合安定して受注することが難しいから
  2. 常に単価競争にさらされるため、利益率が低くなってしまう傾向があるから
  3. クラウドソーシングの発達により競合が増えコンペを勝ち抜くのが大変だから
  4. クライアントのリテラシーにばらつきがあるため、無駄なコミュニケーションコストが発生したり、トラブルによるリスクも高いため安定して稼ぎにくいから

そのため、在宅型は収入面だけを考えるのであればあまりおススメはできません。
ただし、メリットも大きいため以下のような方には非常に向いている働き方です。

  1. 自分一人が暮らせる分の稼ぎがあればいい
  2. 地方でのんびり働きたい
  3. 現場に通勤したくない
  4. 時間に縛られず好きな時に働きたい
ポイント
在宅型のフリーランスエンジニアはそこまで稼げません。また、向き不向きもあります。
ただしフリーランスエンジニアになる目的によっては在宅型が非常にマッチしている方もいます。
個人の実現したい生き方や考え方によって在宅型か常駐型か選ぶといいでしょう。
フリーランスエンジニア必見!在宅案件のイマと即使える案件探し6つの方法フリーランスエンジニア向けに在宅案件の現状について現役のフリーランスエンジニアが徹底解説します。 在宅型の案件は多いの?少ないの?在宅一本でSEは食っていけるのか?年収は?などなど。 未経験からフリーランスエンジニアになりたい方の参考にもなると思います。 在宅案件を獲得する超実践的な方法も公開しますので、フリーランスエンジニアの方は必見です。 ...

失敗するフリーランスエンジニアの実態と具体例

フローランスエンジニアには多くのメリットがある一方で残念ながら失敗するフリーランスエンジニアも全くのゼロではありません。
どのようなケースで失敗するのか?という点について具体的にお話していきます。
こういったケースは若手に多く、自分を客観視できていないと起きがちです。
経験豊富なSEであればこういったことは起きませんので読み飛ばしてもらって問題ありません。

スキルが低すぎる

フリーランスエンジニアは特に優秀でなくとも活躍できるとお伝えしましたが、ズバ抜けてスキルが低い場合はさすがに活躍は難しいです。
具体例をだすのであれば、以下のような方です。

  1. 基礎的な知識すら理解できていない
  2. 学習しない
  3. 開発スピードが遅すぎる
  4. 総合的に見て全エンジニアの下位1割以下に該当するスペック
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
いくら売り手市場とはいえ常識的に考えて発注者がこのエンジニアに対してお金を出すか、と考えてみるとNOだと思います。
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
このくらいのスペックで独立してしまうとさすがに失敗してしまいます。

http://www.freelance-kanzen.com/skill/

ひどいレベルのコミュ障

ひどいレベルのコミュ障もNGです。
ITエンジニアにコミュ障が比較的多いのは紛れもない事実だと思います。
コミュ障の中でも、口下手とか愛想がない程度であれば全然問題はありません。
問題があるのがちょっとやばい感じのコミュ障で以下のようなレベルのコミュ障です。

  1. 人当たりがとにかく悪い
  2. 自分の気に入らないことがあると切れる
  3. 相手を睨みつける
  4. しゃべり方がキツイ

本当にこんな人いるの、と思うかもしれませんがITエンジニアの中には一定数こういった方もいますし、自分では意外と気がつかなかったり意識がない人もいるのです。

ポイント
業務に支障がでるレベルのコミュ障であれば、フリーランスエンジニアになるのは考えたほうがいいでしょう。
やるべきことは他にもあるはずですので、しっかりとビジネスマンとしてのスキルを高めてから独立しましょう。

税務関係の手続きは簡単

フリーランスエンジニアの実態として税務関係の手続きは簡単ということがいえます。
ネット上などでの税務の手続きが面倒くさい、難しいという意見を耳にすることもあります。

税務関係の手続きは夏休みの宿題と同じです。
直前まで何の準備もせずに期日ギリギリでやろうとするとそれは面倒くさいです。
また、知識がなければそもそも何をしたらいいのか分からず難しいと感じることもあると思います。

対策としては簡単で、税理士を雇用するorネットで必要な知識を抑えて準備することで解決します。
ちなみに常駐型のフリーランスエンジニアの場合、エージェントのサービスを利用することで請求書や書類関係の猥雑な手続きが省けます。

ポイント
事前に準備をしていれば税務関係の手続きは簡単です。

めちゃくちゃ稼ぐフリーランスエンジニアの収入は?どのようにして稼ぐ?

フリーランスエンジニアの実態の説明としてめちゃくちゃ稼ぐフリーランスエンジニアはどのようにしていくらくらい稼ぐのか?という点についてお話していきます。
フリーランスエンジニアには「とにかく稼ぎたいから独立するんです」という方も多いと思います。
たくさん稼ぐ方の具体例を紹介させていただきますので、参考にしていただき自分に合った方法をみつけてみてください。

常駐型の場合

常駐型のフリーランスエンジニアの場合、大きく稼ぐのはクライアントとの直契約という方法一択です。
予算が潤沢な大手企業と直接契約をしてもらうことで収入を増やすというやり方です。
ただし結論からいうといきなり直契約はハードルが高く、営業をしても無駄足に終わることがほとんどです。
その理由は以下です。

  1. 大手企業は直接口座を開くのが難しい
  2. 法人格でないと契約ができないことがほとんど
  3. 法人としての売り上げや実績が必要
  4. 信用調査されることもある
  5. 営業しても無視されることがほとんど

実態をみていると大手企業と直契約できている場合、以下の二点がほとんどです。
人脈や今までのコネクションを使って現場に入ること
そうでない場合法人格で実績がありクライアントのニーズと合致する

いきなり直契約を狙うのは厳しいのが現実です。
まずは常駐型案件を複数こなしスキルと実績を身につけ、その後法人化して直契約を狙うというステップを踏む必要があります。
ちなみに収入はケースバイケースで、月100万円~月200万円程度でるケースも少なくありません。

在宅型の場合

在宅型のフリーランスエンジニアで大きく稼ぐのは、通常の開発業務のほかに自社サービスや定期的なキャッシュが入るビジネスを
所有するというケースが多いです。
具体的な例をいうと

  1. コンサルティング契約
  2. 保守契約
  3. 自社サービスの提供

などです。
徐々にストック型の収入を増やして積み上げていくというパターンが王道です。
コンサルティングや自社サービスについては自分の得意分野や価値を提供できる知識やジャンルをベースに考えてみるといいでしょう。

正社員とフリーランスエンジニアの比較について


次に正社員とフリーランスエンジニアについて、色々な面から比較してみようと思います。
客観的に比較することで頭の中も整理されます。
それにより「フリーランスエンジニアになることがなんとなく不安」という状態が解消され色々な判断もしやすくなるはずなので参考にしてみてください。

http://www.freelance-kanzen.com/ses/

正社員

まずは正社員について説明させていただきます。
一点お伝えしたいのが、正社員=安定のような考え方は捨てるべきということです。

言うまでもありませんが、安定した正社員といえるのはあらゆる業種をみても一部の大手の超一流企業だけです。
ましてやIT業界でSES企業や中小企業の場合は全く安定しているとは言い難いです。
資本金が数千万円ですと正直吹けば飛ぶレベルですし、多くの企業は内部留保もたいしてありません。
SES企業は年をとったらガンガンクビにしてきますしキャッシュに余裕がありません。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
これで本当に安定していると言えるのでしょうか?
是非一度考えてみてほしいテーマです。
収入 安定して毎月給料がもらえる点がメリット。賞与、有給休暇があるのもメリット。SES企業や中小企業の正社員の場合年収が極めて低いことがデメリット。
副業ができない、する時間がないことが多いため生涯賃金が高くなりようがないというリスクもある。
スキルアップ 良くも悪くも個人より会社の都合が優先されるため、運次第。SES企業や派遣型企業の場合まさにガチャ。
市場価値が低く、使い物にならないエンジニアにされてしまうケースも少なくない。
社会的な信頼性 フリーランスエンジニアよりは高い。正社員の最大のメリット
メリット 住宅ローン・各種与信枠において優遇されやすい
リスク 正社員だからといってクビにならないわけではない。特にSES企業や中小企業はクビになることや倒産リスクがあるので安泰とはほど遠い。

フリーランスエンジニア

次にフリーランスエンジニアについて説明させていただきます。
フリーランスエンジニアの最大のメリットは自由な生き方ができるということです。
もちろん高収入を目指せる点も魅力です。

収入 高収入。自分の努力次第で青天井。一方でダメなエンジニアは稼げなくて失敗するケースもゼロではない。
スキルアップ 自分の希望する案件や作業内容を選ぶことができるのスキルアップはしやすい。
社会的な信頼性 正社員と比較すると低いと言われることが多い
メリット 働く場所、時間など自分で選ぶことで自由な生き方ができる
リスク 病気、怪我などで働けないと収入がゼロになるのでその点が最大のリスク

 

こういう人はフリーランスエンジニアになるべき!すぐに独立すべきパータンはこれ


次にフリーランスエンジニアになるべき人の具体例をだしていきます。
ここでお伝えするのは、フリーランスエンジニアになることがどう考えてもデメリットよりメリットが上回るというケースです。
著者の経験から言ってもこのパターンに当てはまる方は独立後満足していることがほとんどですので、是非参考にしてみてください。

SES企業で年収が低い

SES企業で年収が低い場合、すぐにでもフリーランスエンジニアになるべき黄金パターンです。
理由は簡単で、一般的に社員のエンジニアへの支払いが抑えられているということは以下のようなケースに該当するからです。

  1. 自社ががっつりと搾取(ピンハネ)している
  2. 自社や営業のスペックが低いためクソ現場しか入れない
  3. もしくはその両方

このケースはエンジニアがいくら頑張っても基本的に報われることがないパターンです。
つまりエンジニアは会社を儲けさせるためだけに働いている、奴隷のような扱いになってしまっているのです。
この環境で働くメリットは正社員という名前のステータス以外はほとんど皆無です。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
あまりにフリーランスエンジニアになるメリットが大きいのでこのケースは独立を強くおススメします。

ストレスに弱い

意外に思うかもしれませんが、ストレスに弱い人はフリーランスエンジニアになるべきメリットが大きいです。
何故かというと正社員で働く以上、ストレスを軽減できても本質的な解決はできないことがほとんどだからです。

  1. 人間関係のストレス
  2. 通勤のストレス
  3. 納期のストレス
  4. 金銭面のストレス
  5. 仕事内容のストレス

ところがフリーランスエンジニアの場合、ストレスを根本的に解決できる可能性があります。
嫌な人間関係→切ればいい
通勤したくない→在宅で働けばいい
納期がきつい→そういった案件はそもそも請けなければいい
お金が欲しい→働いた分だけ稼げる
嫌な仕事→請けなければいい

ご存じのようにストレスはあらゆる病気の原因になります。
ストレスに弱い人が正社員をしているということは自分の寿命を削っていることと同じです。
もちろんそれでもどうしても正社員で働きたい、というのは人それぞれの考え方ですので自由なのですがストレスに弱い人はフリーランスエンジニアになるメリットが大きいということは知っておいて損はありません。

年齢が上がっても開発を続けたい人

年齢が上がっても開発を続けたい人もフリーランスエンジニアになるべきと言えます。
一般的には年齢が上がるに従ってマネージメント業務>開発業務というようにプログラミング以外の仕事の比重が上がっていきます。

もちろん管理業務がやりたい人であれば自分の希望するキャリアを積めているので問題ありません。
しかし年齢が上がったからと言って全ての人が管理業務を行いたいとは限りません。

  1. 開発をしたいのにできない
  2. 管理業務やマネージメント業務は向いてない

こういった場合、本人は不本意ですが我慢して仕事をしなくてはいけないということになります。
(実際にこういった方は多いです)

フリーランスエンジニアになることで、その問題は解決できます。
本人が希望すればずっと開発業務に携わることができますし、もちろん管理業務などの仕事もあります。
これはフリーランスエンジニアになる大きなメリットです。

知っておきたい!フリーランスエンジニアの常駐案件事情について


次にフリーランスエンジニアの常駐案件事情についての基礎知識を説明せていただきます。
フリーランスエンジニアになった後に「こんなはずじゃなかった」などと実態を知り後悔しないように知っておきましょう。

常駐型案件は東京・大阪・名古屋・福岡に集中

フリーランスエンジニアの常駐型案件は東京・大阪・名古屋・福岡に集中しています。
その中でも東京の案件数の占める割合が圧倒的に多いです。

そのため、常駐型のフリーランスエンジニアは東京・大阪・名古屋・福岡いずれかに出勤が可能である必要があります。
いくら案件数が多いとはいえ、地方都市にはフリーランスエンジニアの案件はないor極めて少ないため注意しなくてはいけません。

案件が少ない地方都市在住者であれば都市部に引っ越しもあり

案件数が少ない地方都市在住者であれば都市部に引っ越しをする、という方法をとるのもありです。
多いのがプロジェクトの参画期間だけマンスリーマンションを借りるという方法です。

普段は在宅案件をこなしていて受注が途切れそうになったら常駐案件で都市部にでてくる、という方もいますのでそのあたりは仕事の状況と相談して検討するといいでしょう。
こういった自由な働き方ができる点はフリーランスエンジニアの魅力です。

フリーランスエンジニアになろうか迷っている人へアドバイス


ここまでフリーランスエンジニアの実態について色々な面から説明させていただきました。
最後にフリーランスエンジニアになろうか迷っている人に向けてアドバイスさせていただきます。
何かの参考になれば幸いです。

仮に失敗しても正社員に戻ることはできる

フリーランスエンジニアになりたいけど不安な人の多くはリスクは恐れすぎている傾向にあります。
考え方として一番知っておいてほしいのが仮にフリーランスエンジニアとなった後に何らかの理由で失敗しても正社員に戻ることができるということです。
(フリーランスエンジニアになり失敗することがそもそも少ないのですが)多くのIT企業はフリーランスエンジニアからの就職希望について好意的に受け取ることが多いです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
ですので自分がどのように生きたいかとしう指針が決まっていていれば気軽にGOしてもいいですよ。

業務がそこまで変わるわけではない

そもそもITエンジニアである以上、要件定義~設計~開発~テストを何らかの言語で行う訳で、業務がフリーランスエンジニアになったからといって変わるわけではありません。
フリーランスエンジニアになって変わるとしたらクライアントとの距離や商流の中での立ち位置が変わるくらいなので、考え方によってはやることは全く変わりません。

常駐型のフリーランスエンジニアの場合、業界のルールなどもありますので多少気を付ける必要はありますがそれは単純に知識をつければいいことです。
そのため、フリーランスエンジニアになることに対して必要以上に慎重になったり不安になったりする必要性は全くないというのが結論です。

できればフリーランスエンジニアの先輩に話をきこう

もしそれでも不安であればフリーランスエンジニアの先輩に話を聞くことがおススメです。

自分の知人や同僚でフリーランスエンジニアになっている方がいればざっくばらんに話を聞いてみましょう。
フリーランスエンジニアの場合、意外とそういったことを話ができる人が限られているためお酒でもおごれば喜んで色々と話をしてくれるでしょう。

周りにフリーランスエンジニアがいない場合であれば、フリーランスエージェントの営業担当に話を聞きにいくこともおススメです。

絶対に成功する!フリーランスエンジニアがエージェントに相談する際のコツと全知識フリーランスエンジニアが最初に行うのフリーランスエージェントの相談会と登録会。 事前に相談をするメリットや相談時に確認しておきたいポイントをまとめました。 これからフリーランスエンジニアになりたい方必見です! ...
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
フリーランスエージェントは年間百人単位のフリーランスエンジニアと取引を行っています。
多くの経験やケーススタディーをもっているため、業界最前線のリアルな声がきけますし、的確なアドバイスがもらえるはずです。

まとめ

フリーランスエンジニアの実態についてお話させていただきました。
著者がもしこれからフリーランスエンジニアになるとしたら知りたい情報は何だろう?といった観点で情報を網羅させていただきましたので、何らかの参考になる部分があれば幸いです。
このページを読んだ方がハッピーなフリーランスエンジニアライフを送れるように祈っております。

まずは登録!ド定番のフリーランスエージェント5選はこちら

レバテックフリーランス
【独自案件×直案件】とにかく高単価が魅力!高収入フリーランスをガンガン生み出している大人気エージェントです。

ギークスジョブ
【業界最大手×圧倒的な案件数】幅広い案件を揃えており、希望の案件が必ず見つかる安心のエージェントです。

High-Performer
【高単価×支払いサイト15日】経験豊富な営業と手厚いサポートでエンジニアからの信頼度は業界ナンバーワンです。

【Pe-BANK】
【老舗×安定感】実績は業界でも断トツです。業務系・制御系・汎用系にも強く全国に支店があります。

【midworks】
【保障×安定感】正社員なみの保障とフリーランスの高単価のいいとこどりを狙える点が大人気のエージェントです。

外れなし!管理人厳選のプログラミングスクール3選はこちら

現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー
【現役エンジニア×豊富なコース】圧倒的な講師陣の質が自慢のプログラミングスクール。コースも豊富で必ず学びたい言語が見つかります。本気で学ぶのであればおすすめしたいプログラミングスクールです。

受講者満足度も90%以上!【WebCamp】
【未経験×返金保証】オリラジ藤森さんでおなじみのWebCamp。最短一か月でプログラミングを学べます。完全未経験から社会人まで幅広い層に人気のプログラミングスクールです。

Tech Boost
【オンライン×手厚いサポート】手厚いサポートが売りで、卒業後もキャリアアドバイザーに相談できます。講師は全員現役エンジニアで授業の質もバッチリです。