雑学&用語

RPSの意味を徹底解説!Twitterでよく見るけどBLとの違いは?ナマモノって何?韓国で問題視されているのは何故?


皆さんRPSという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
RPSという言葉の意味を知っている人は少ないと思いますが、Twitterや同人系掲示板などでよく見ることがあります。
RPSはナマモノという言葉を使われたり、韓国で問題になったりしています。
RPSの言葉の意味を深く知りたい方は参考にしてみてください。

RPSの意味とは

RPSの意味を説明させていただきます。
RPSは「Real Person Slash (リアル パーソン スラッシュ)」の略語です。

「Real Person Slash (リアル パーソン スラッシュ)」を直訳してみましょう。
「Real Person」は「実在する人物」という意味です。
「 Slash」は英語のスラングで「同性愛」という意味です。
(ちなみに男男はslash、女女はfem slashです)

RPSの意味とは「実在する人物の同性愛を題材にした創作作品」ということになります。
実在する人物としては芸能人、タレント、声優、芸人、スポーツ選手などあらゆるものが対象になります。

RPSは男男(slash)で主に女性ユーザーをターゲットにしたものが中心になります。

RPSの読み方

RPSの読み方について説明させていただきます。
RPSは(あーるぴーえす)とそのまま読みます。
お伝えしたようにRPSはReal Person Slash (リアル パーソン スラッシュ)の略ですが、リアルパーソンスラッシュは長いのでそのように口頭で話す人はいません。

RPSとTwitter

RPSとTwitterについて説明させていただきます。
RPSという言葉は主にTwitterなどのSNSで見かけることが多いです。
また、同人掲示板や同人系のコニュニティーでも伝われます。

後程説明させていただきますが、RPSはディープな世界でコミュニティを保護しようという意識が強いです。
そのためRPSの意味とは?などをわざわざ説明してくれる人はいません。
RPSに関する知識やマナーを学んでからコミュニティーに入るようにしたほうが無難です。

RPSは英語で何という?

RPSと英語について説明させていただきます。
RPSは「Real Person Slash (リアル パーソン スラッシュ)」という英語の略語です。
ただしこれは日本での呼び方で英語圏ではRPF(Real Person Fiction)と総称して呼ぶことが多いようです。
もちろん英語圏で「Real Person Slash (リアル パーソン スラッシュ)」と言ってももちろん伝わるのでご安心ください。

RPSとBLの違い

RPSとBLの違いについて説明させていただきます。
RPSとBLは基本的に同じです。
BLは日本における男性(少年)同士の同性愛を題材とした小説や漫画などのジャンルのことです。
1990年代中盤あたりからBLという言葉が使われていますが、2021年現在はRPSという言葉が一般的です。

RPSとナマモノ(nmmn)

RPSとナマモノ(nmmn)について説明させていただきます。
RPSとナマモノ(nmmn)はほぼ同じ意味です。
ナマモノとは実在の人物を題材にした同人ジャンルのことを言います。
ナマモノというのは日本国内でのみ通用する呼び方でネットスラングに近いため、海外の人に説明する際にはナマモノよりもRPSやRPFでないと通用しません。

RPSの意味をさらに理解!RPSを取り巻くディープな世界

次にRPSの意味を理解するためにRPSを取り巻く世界について説明せていただきます。
RPSについての知識がない人は参考にしてみてください。

RPSが生まれる背景

そもそもRPSが生まれる背景について説明させていただきます。
RPSが生まれる背景として、自分の大好きな芸能人が別の異性にとられたくない、汚されたくないというのが最も大きいです。
自分の好きな芸能人の異性との熱愛情報は誰だって想像したくないですよね?それであれば同性同士のほうがいいという考え方です。

また、単純に美しいものを見たいという心理もあるようです。
芸能人やアイドルグループは美形ばかりなので、そういった人たちの絡みが単純に美しいと思う心理もあるようです。
RPSが生まれる背景としてはこのようなファン心理が働いています。

RPSとマナー

RPSとマナーについて説明させていただきます。
RPSというのは大変センシティブな問題を含んでいます。
対象にされている芸能人、事務所、ファンなどRPSによって傷つく人や嫌な思いをする人がたくさんいるのは事実です。
そのためRPSジャンルは「RPSに理解がある人」などと注釈をつけて作品を出す場合がほとんどです。
また、オープンな活動をせず閲覧者のマナーを要求されることも多いです。
例えば「人に紹介しないこと」「本人や関係者に絶対に知られないこと」「Twitterなどで拡散しないこと」「伏字にすること」などです。

RPSと検索避け、鍵アカウント、パスワード

RPSとマナーで触れたようにRPSはセンシティブな問題です。
検索を避けるために隠語にしたり、関連するキーワードで検索にヒットしないようにすること。
鍵アカウントなどで全てやりとりしオープンにしないこと。
こういったことが守らなければいけないルールです。
そのため閲覧にはパスワードがかけられていて、創作者が閲覧者を許可しないとRPS作品を見れないようになっていることがほとんどです。
これがRPSを取り巻くざっくりとした状況です。

韓国でのRPS問題

韓国でのRPS問題について説明させていただきます。
韓国の場合、日本と比較するとここまでルールを徹底してRPSをクローズにする文化がないようです。
韓国のRPS問題はそれだけでなく、ファンの多さや熱狂的なファンが多いことも原因です。

そういった背景もあり問題が大きくなり、深刻な社会的な問題にまで発展しています。
韓国の青瓦台(大統領府)のホームページに設けられた国民請願掲示板で「RPS利用者に対する処罰を求める」という賛同を促す投稿がされ、20万近い投票が確認されています。
これが韓国でのRPS問題の概要です。

BTSやSEVENTEENも対象に

韓国でのRPSはBTSやSEVENTEENも対象になっています。
ラッパーのSon SimbaさんもRPS問題について自身が被害者であるとSNSを通じて公言しました。
韓国ではRPSはデジタル性犯罪であるという意見があがっています。
このように著名人を巻き込み深刻な問題になっているのが韓国のRPS問題です。