フリーランスエンジニア案件事情

必見!週3勤務案件で働きたいフリーランスエンジニアが知っておきたい基礎知識と具体的なアクション


このページではフリーランスエンジニアの週3案件についてお話させていただきます。
会社員と違い、働く時間や勤務体系を自分で選ぶことができるのはフリーランスエンジニアの大きな魅力です。
「フリーランスエンジニアの週3案件の状況・週3案件の探し方」をくわしく解説させていただきますので、自分らしい働き方を見つけていただく際の参考になれば幸いです。

当サイトの人気記事はこちらをチェック

フリーランスエージェントについて日本一詳しく解説しました。

週3勤務のフリーランスエンジニア案件はあるのか?


早速ですが週3勤務のフリーランスエンジニア案件はあるのでしょうか。
結論からいうと週3勤務のフリーランスエンジニア案件はかなり少ないです。

週3勤務案件に参画するためにはエンジニアのスキル・プロジェクトの予算・タイミングなど色々な条件が重ならないと難しいことがほとんどです。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
ちなみにネットで見かける週3勤務OK!という案件はエントリー条件が厳しいため、多くの方はマッチせずに案件紹介してもらえません。
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
常駐型でいきなり週3勤務はかなり難しいと覚悟しておきましょう

週3のフリーランスエンジニア案件の状況について

ではどういった条件であれば週3案件があるのでしょうか。
スキルキーワードでいうと以下のようになります。

  1. コンサル案件
  2. PMO案件
  3. UI/UXデザイナー案件
  4. コーディング案件
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
少ないですがコンサル案件やWEB周りの案件だと週3勤務の案件が稀にあります

週3勤務のフリーランスエンジニア案件が少ない理由について

週3勤務のフリーランスエンジニア案件が少ない具体的な理由について説明させていただきます。

イレギュラーな対応を依頼できないから

週3勤務の場合、クライアントからすると「エンジニアに対してイレギュラーな対応の依頼ができないので使い勝手が悪い」というのが案件の少ない理由の一つです。
エンジニアの場合、納期前やトラブル時などイレギュラーな業務が発生します。
その際に週5勤務でない場合、結局チームメンバーの誰かが巻きとる必要があります。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
これではわざわざ外注でエンジニアを雇っている意味が薄れてしまいますよね
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
開発案件だと仕方ないですよね

コミュニケーションがとりにくいから

似たような理由として、クライアントからすると週3勤務のフリーランスエンジニアとはコミュニケーションがとりにくいという面もあるようです。
例えばそのエンジニアだけが知っていることについて質問したい時に出勤せずに一日お休みされてしまうと困りますよね。
結局自分で知らなくてはいけない、など無駄な手間がかかることも多いです。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
週5勤務のフリーランスエンジニアではこういった問題は起きませんよね

週5で働きたいフリーランスエンジニアが多いから

意外に思うかもしれませんが、週5で働きたいというフリーランスエンジニアが多いというのも関係しています。
フリーランスエンジニアの多くは「稼ぎたいから」という理由で独立します。
常駐型の案件は稼げますので、わざわざ週3勤務にしたり時短勤務しては稼げなくなってしまいもったいないという考え方です。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
週3勤務にした場合、残り2日を別の方法で稼がなくてはいけません。
それであれば最初から週5で働いたほうがずっと収入がいいのは間違いありません

時短のフリーランスエンジニアは稼ぐ事ができるのか?

週3勤務・週2勤務・時短勤務のフリーランスエンジニアは稼ぐことができるのでしょうか?
結論からいうと時短勤務はあまり稼げないです。
理由は簡単で時短案件は相場よりもやや単価が低くなりがちだからです。

稼ぎたいのであれば高単価の案件でガッツリ稼ぐ
稼ぎよりも働き方を重視したいのであれば時短案件で働く

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
まとめるとこういった考え方になります

週3勤務のリモート案件はある?

週3勤務のリモート案件はあるのでしょうか。
週3勤務の案件の場合、常駐でもリモートでも案件数は少ないです。
つまりスキル次第ですが週3リモート案件は極めて少ないと認識しておいてもらえればいいかと思います。

インフラエンジニアの週3週4案件はある?

インフラエンジニアの週3勤務や週4勤務の案件はあるのでしょうか。
フリーランスエンジニアの場合も開発と同じで週3勤務や週4勤務の案件はほぼありません。
また、リモート案件も同様です。

フリーランスエンジニアが週3で働くメリット


フリーランスエンジニアが週3で働くメリットについて説明させていただきます。

趣味や遊びに時間を使え人生を楽しめる

フリーランスエンジニアが週3で働く最大のメリットは時間の有効活用です。
趣味や遊びに時間を使えることで、人生を最大限に楽しむことができます。

当然なのですが正社員の場合はこういう働き方はできません。
平日は全て仕事ですし、土日も会社に命令されたら出社しなくてはいけません。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
人生を謳歌するためにフリーランスエンジニアになるという選択は非常に合理的です。
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
あとは収入面との折り合いをどうやってつけるかですよね

本業以外の事業を行なうことができる

週3勤務にすることによって本業以外の事業を行なうこともできます。
フリーランスエンジニア以外の収入源を作ることができるという大きなメリットがあります。

フリーランスエンジニア一本で稼ぐ場合事故や病気になり自分が働くことができなくってしまうと収入がゼロになってしまいます。
収入源を複数もつことはそういったトラブルへのリスクヘッジになります。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
興味のある事業を行なったり、収入源を増やすためのビジネスを所有したりすることで人生をよりよいものにできることは間違いありません。

関連する記事も紹介しておきますので、投資に興味のある方は参考にしてみてください。

今すぐ始めよう!フリーランスエンジニアが不動産投資をするメリットと全知識フリーランスエンジニアが不動産投資をするメリットについて説明させていただきました。 フリーランスエンジニアの場合、兼業や副業で複数収入源をもつことが大変重要です。 不動産投資などの資産運用を成功し、安定して稼げるエンジニアになるためのポイントをお伝えします。 ...

複数の業務を請け負うことができる

週3勤務によって複数の業務を請け負うことができるのも大きなメリットです。
この働き方の利点は色々な言語や領域の仕事を請けることにより、業務の幅が広がることです。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
フリーランスエンジニアとして「対応できる業務の幅が広い」ということは実は非常に有利な点です。
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
例えば最新の技術の案件やこれからトレンドがくるであろう技術の案件などをこなすことで、フリーランスエンジニアとしての市場価値もあがります

フリーランスエンジニアが週3で働くデメリット


フリーランスエンジニアが週3で働くデメリットについて説明させていただきます。

週5勤務と比較すると収入が下がる

週3勤務のデメリットは週勤務と比較すると収入が下がるという点です。
フリーランスエンジニアの大きな魅力が高収入です。
この高収入というメリットを捨てるということなので、これは大きな選択です。

「自分はこう生きたい」「これがしたい」という理由があって週3勤務を行うことは大変おススメできます。
しかしその一方でずっと週3勤務を続けるのであれば、生涯賃金に大きな影響がでます。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
収入と支出・貯金についてしっかりと管理し老後の資金などをきちんと貯蓄しておく必要があります。

目的がないと無駄な時間を費やすことになる

週3勤務のデメリットとして目的がないと無駄な時間を費やすことになるという点です。
土日のお休みの延長でなんとなくゴロゴロしていたら一日が終わっていた、という事だけは避けたいところです。
そういった生活を送ると生活のリズムも崩れてしまうし、いざ仕事をする際のパフォーマンスにも影響があります。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
しっかりと目的を持ちすごしましょう

ハードな現場で働けなくなる

週3勤務のデメリットとしてハードな現場で働けなくなるというのもあります。
常駐型のフリーランスエンジニアの場合、週5勤務が基本です。
また、現場によっては残業が発生することもあります。

そもそもフリーランスエンジニアを必要としている現場は結構ハードや現場であったり助っ人として力のある外注に期待している現場がほとんどです。
週3日勤務に慣れてしまうと、こういった現場で働けなくなってしまうというリスクもあります。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
そもそもITエンジニアの仕事は結構大変なのであまり楽をしすぎてしまうとよくない面も

経験者が語る!どうしても週3勤務案件で働きたいフリーランスエンジニアはどうすればいい?


最後にどうしても週3勤務案件で働きたいフリーランスエンジニアのために、週3勤務案件で働く具体的な方法について説明させていただきます。
管理人自身がフリーランスエンジニアとして色々な働き方を経験してきておりその体験に基づいたものになりますので、参考にしてみてください。

在宅で働く

常駐型で週3勤務案件を見つけるのは難しいのですが、在宅であれば全く問題ありません。
在宅で仕事をして週3日しか稼働しなければOKです。
ただしこの働き方ですと、収入面での問題がでてくるかもしれません。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
健康上の理由や家庭の事情などでフルではどうしても働けない、というエンジニアの方は在宅で働くようにしてみるといいでしょう。

常駐で実績を作る

週3勤務で働きたいのであれば常駐で実績を作りその現場に対して週3勤務を打診する、というのが最も現実的な方法です。
やり方は簡単で、以下のようなフローです。

  1. 週5勤務でどこかの現場で働く
  2. パフォーマンスを発揮し高評価を得る
  3. あなたがいないと現場が回らないようにする
  4. 週3勤務を打診する
  5. NGであれば別の現場を探す
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
ちなみに案件を探してもらう際にフリーランスエージェントに対して「可能であれば将来的に週3勤務にしてもらえたり、働き方に融通が利きそうな現場はありますか」という感じで打診していくと効率的です。
現場によってはイレギュラーな勤務体系に対し寛容な企業もあります。
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
リモートワークの案件を探している人も使える方法です

仕組みを作る

週3勤務で働きたいかたは週3しか働かなくてもいいビジネスの仕組みを作るというのがいいでしょう。
これは常駐型のフリーランスエンジニアの場合無理なのですが、在宅型のフリーランスエンジニアやビジネスであれば可能です。

具体的には下請けや発注先を確保し、自分が受注したサービスを回すというやり方です。
自分はマネージメントのみ行ったり、フロントに立つ業務を行ったり、紹介してマージンをもらったり色々なやり方があります。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
こういった方法で上手く回しているフリーランスエンジニアは多いですよね
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
受託だけでなく、何らかのサービスを始めてみても使えますのでトライ&エラーしてみて試してみることをおススメします

直営業する

週3勤務で働きたい方は直営業するという方法もありです。
企業側が週3勤務をOKに積極的でない理由は、あなたでなくとも代わりになるフリーランスエンジニアを確保できるからということになります。

あなたの得意技術が本当に企業側にとって必要なものであれば週3勤務で直契約することは難しくなりません。
ただしそういった企業の案件はフリーランスエージェント経由ではなかなか流れてきません。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
技術のマッチ度が非常に重要になってきますので、あなた自身が調べてアプローチしたほうが圧倒的に効率的です。
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
とはいえ、そもそも直契約をしてない企業も多いためうまくいくかはあなたのスキル次第になります

片っ端からフリーランスエージェントに登録する

週3勤務で働きたい方は片っ端からフリーランスエージェントに登録するとう方法もおススメできます。
本文ですでにお伝えしたように、週3勤務案件をもつフリーランスエージェントは少ないです。
ただし多数のフリーランスエージェントに登録すれば、何件かは案件の紹介を受けることができるかもしれません。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
フリーランスエンジニア案件の場合はエントリーのタイミングも大事です。せっかくいい案件があったのにタイミングが悪く別の方で決まってしまった、とならないためにも複数登録しておくことは重要です。
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
数打てば当たるという方法なのであまりスマートではありませんが、どうしても週3勤務案件や時短案件を探すのであればこの方法がいいでしょう。

まとめ

フリーランスエンジニアの週3案件について説明させていただきました。
週3案件は少ないですが、やり方次第では現場を決めることもできます。
より豊かな人生を送るために色々な働き方を試してみていただくといいのではないでしょうか。
読者のみなさん全員にハッピーなエンジニアライフが待ち受けてますように!