フリーランスエージェント

【猿でもできる】未経験からフリーランスエージェントを使ってバリバリ稼ぐ全手順を公開

このページを読んでわかること
・未経験からフリーランスエージェントを使ってステップアップする方法
・常駐型と在宅型の比較
・未経験から稼ぐまでのロードマップ

このページでは未経験でも常駐案件を紹介してくれるフリーランスエージェントはあるのか?という疑問にお答えします。
また、経験を積んでフリーランスエージェントに登録するまでとその後のロードマップ、注意点など未経験からバリバリ稼ぐために大事な点をまとめてみましたので参考にしてみてください。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
未経験・若手のフリーランスエンジニアは最初こそ大変な面もありますが、軌道にのれば高水準の報酬を安定させることは難しくありません。
外れなし!管理人厳選のプログラミングスクール3選はこちら

現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー
【現役エンジニア×豊富なコース】圧倒的な講師陣の質が自慢のプログラミングスクール。コースも豊富で必ず学びたい言語が見つかります。本気で学ぶのであればおすすめしたいプログラミングスクールです。

受講者満足度も90%以上!【WebCamp】
【未経験×返金保証】オリラジ藤森さんでおなじみのWebCamp。最短一か月でプログラミングを学べます。完全未経験から社会人まで幅広い層に人気のプログラミングスクールです。

Tech Boost
【オンライン×手厚いサポート】手厚いサポートが売りで、卒業後もキャリアアドバイザーに相談できます。講師は全員現役エンジニアで授業の質もバッチリです。

就職先もゲット!就活サポート付きのプログラミングスクール3選

【完全無料プログラミング研修&就活塾】
【完全無料×就職】超定番のプログラミングスクール!満足度は業界トップクラスです。就職先は優良企業が多くおすすめです。

ITエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)
【完全無料×資格取得】インフラエンジニアを目指すならここ一択!ネットワークエンジニアの会社が母体なので講師陣もスペシャリスト揃いです。

GEEK JOB
【完全無料×最短就職】プログラミングを学びながら最短一か月で就職も可能です。すぐにITエンジニアになりたい方におすすめ!

フリーランスエージェントを活用するには実務経験が必須

結論からいうと実務経験なしでもOKのフリーランスエージェントはほぼありません。
残念ながら、フリーランスエージェントは何らかの業務経験がないと登録しても案件の紹介を受けることは難しいです。

客先常駐企業(正社員・派遣)で経験を積むことはリスクが高い

ちなみにフリーランスでなく客先常駐企業(正社員・派遣)で経験を積むという方法もあります。
ただしこの選択はデメリットが大きいためあまりおススメはしません。

客先常駐企業の場合、入社した企業の正社員・契約社員という立場で雇用されます。
そのため立場上配属先を選んだり拒否することができないのです。
その結果として何のスキルも身につかない現場に強制的に長期で参画させられてしまう、というケースが非常に多いのです。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
貴重な時間をズルズルと無駄にしてしまうことが多く、リスクが高すぎるためおススメはできません
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
客先常駐企業には典型的なブラック企業も多いですからね

何故フリーランスエージェントは未経験NGなのか

何故フリーランスエージェントは未経験のエンジニアがNGなのでしょうか?
客先常駐企業でロースキル案件であれば、フリーランスエージェントがそういった案件を保有していてもおかしくありません。
理由は簡単で、お金にならず営業の効率が極めて悪いためです。
ざっくりまとめると以下のような理由になります。

  1. 案件自体が少ない→未経験やロースキルの案件は圧倒的に少ない
  2. 利益率が低い→単価が安いため仮に決まってもエージェントのマージンが少ない
  3. 競争率が高い→一つの募集枠に応募が殺到するため決まりにくい

フリーランスエージェントを未経験から活用するまでのステップ


フリーランスエージェントを利用する際に未経験のエンジニアがNGなのはご理解いただけたと思います。
しかしがっかりする必要はありません。
今は未経験であっても、経験を積んでいくことでフリーランスエージェントを利用することは可能です。
早速未経験のエンジニアがエージェントを活用するまでのステップとその準備について説明していきます。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
未経験のエンジニアの方には役に立つ情報です
・何らかの案件で実務経験を積む
・スキルシートを充実させる

何らかの案件で実務経験を積む

未経験の場合、とにかく何らかの実務経験を積むことが必要です。
常駐型のフリーランス案件の場合、まずクライアントが重要視するのがスキルシートの経験値です。
スキルシートを見て自社の業務をお願いできるか判断するわけです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
逆に言えばスキルシート上、一定の実務経験さえ積むことができれば常駐型のフリーランス案件でもマッチした案件はガンガンみつかります。
今経験がゼロだというエンジニアはまずは実務経験を積むことが大切です。

どのように実務経験を積むか

ではどのように実務経験を積むのがいいのでしょうか。

  1. クラウドワークス、ランサーズなどのクラウドソーシングサービスを利用する
    →クラウドソーシング上で募集している案件は多種多様ですので、自分のスキルにあった内容の業務を探すことができます。
  2. SNSを利用する
    →最初は「実績を作りたいので安く仕事を請けます」みたいな形で発信すれば結構引き合いはきます。
    運よく紹介の輪が広がったり拡散すればそれだけで充分な収入を確保することも可能になってきます。

どのくらいの期間実務経験を積むか

実務経験の期間については、最低半年~できれば一年程度はほしいところです。
当然ながら経験を積めば積むだけ案件の数は多くなってきますし、書類審査が通りやすくなります。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
急がば回れで、まずは最低半年はじっくりと実務経験を積むことが大切です。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
実務経験には個人開発や友人に頼まれた仕事は入りません。
あくまでもクライアントからお金をもらって携わった業務です。
新卒でフリーランスエンジニアになりたい方必見!経験1年・駆け出しエンジニアの成功戦略新卒でフリーランスエンジニアになりたい方向けのページ。 若手や未経験エンジニアがステップアップしてフリーランスエンジニアとして活躍するための方法を超具体的に説明します。 駆け出しエンジニアにおススメのプログラミング言語やSlerからの転職について。 経験一年以下の駆け出しエンジニアが生存率をあげ悲惨な末路を辿らないための方法など。 新卒でフリーランスエンジニアになりたい駆け出しエンジニアは是非参考にしてみてください。 ...
実務経験一年でフリーランスエンジニアになろう!そのメリットと戦略を語ります実務経験一年あればフリーランスエンジニアになって成功できることについて解説しました。 未経験のエンジニアや実務経験の浅いエンジニアが独立するにはどれほどの経験年数があればいいのでしょうか? 実務経験一年あると成功できる理由や実務経験が浅く独立するメリットデメリット、実務経験一年で面談を突破するための具体的な方法について説明します。 ...

スキルシートを充実させる

次にすることはスキルシートを充実させることです。
スキルシートの出来が面談が入るかどうかの分かれ道と言っても過言ではありませんので気合を入れて書きましょう。
フォーマットがわからない、何をかけばいいかわからない人も多いと思いますので、この段階でエージェントに相談してみてもいいでしょう。

WEBデザイナーやディレクターであればクライアントの許可を得たうえでポートフォリオ作成もおススメです。
開発者であればGithubなどにソースコードをあげてアピールするのもいいでしょう。
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
とにかく大事なのはアピールして書類通過率をあげるということです

未経験必見!フリーランスエージェントに登録後の注意点


実務経験を積んだあとはフリーランスエージェントに登録しましょう。
登録後のステップと注意点について説明させていただきます。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
若手向けの案件は経験者向けの案件に比べて少ないので、複数社登録することがおススメです。

面談練習をしてもらう

意外に思う方がいるかもしれませんが、フリーランスエンジニアであっても面談練習は必須です。
経験浅めのフリーランス案件は比較的少ないため、書類通過して面談にたどり着くまでに時間がかかります。
せっかく面談が組めたのに面談が下手でお見送りになってしまったら非常にもったいないので練習をしておきましょう。

エンジニア職の場合、自覚なくコミュニケーション能力が弱い人が多いです。
自分では「できている」と思ってもプロからみたらまだまだ改善が必要なケースもよくありますので、面談対策は大事です。

あまり案件の選り好みをしないこと

基本姿勢として経験浅めのフリーランスエンジニアはあまり案件の選り好みをしないほうがいいということです。
(あまりに内容がマッチしていない案件であれば別ですが)
もちろんそれは経験浅めのフリーランス案件は少ないので待機リスクを減らすという理由もあります。

それ以外にも、色々な現場を経験することで作業の幅が広がるというメリットがあります。
正社員のエンジニアですと何年もずっと同じ環境で仕事をすることが多いのですが、フリーランスの場合、色々な環境で仕事ができます。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
将来作業の幅が広がりますのでポディティブに考えてみてください♪

単価は二の次で考える

若手エンジニアの場合、単価は二の次で考えるべきです。
理由はすでに説明した通り若手・経験浅めの案件は数が少ないので単価にこだわると決まるまでに時間がかかってしまいます。
また、若手やロースキル案件の場合ですと応募してくるエンジニアのスキルにあまり差はありませんので単価が安いほうが優遇されるという傾向もあります。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
2~3年くらい経験を積めばガッツリ稼げるようになりますのでそれまでは我慢ですね

エージェントの信頼を得る

さらに大事なことはフリーランスエージェントの信頼を得ることです。
何故かというとフリーランスエージェントの営業は非常に忙しいからです。
すでに担当しているエンジニアもいますので、手間がかかり利益率の低い若手は優先度が下がりがちです。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
案件の好き嫌いをしないことや単価は二の次で考えることはフリーランスエージェントの営業担当に積極的に動いてもらえることにも繋がります。

若手フリーランスエンジニアは在宅型よりも常駐型を選ぶべし


ここまでフリーランスエージェント登録前、登録後のステップと注意点について説明してきました。
このページをご覧していただいているかたは「これからフリーランスエンジニアになりたい」という若手エンジニアの方がほとんどだと思います。
フリーランスエンジニアの働き方にはには在宅型と常駐型があるのですが、若手には圧倒的に常駐型がおススメです。
その理由についてこれから説明させていただきます。

お金をもらいながら学ぶことができる

若手エンジニアに常駐型がおススメの理由としてお金をもらいながら学ぶことができるからです。
在宅型の場合わからないことがあったら全て自分で調べて解決しなくてはいけません。
(問題が解決できずに調べていたら半日たってしまうというのはエンジニアあるあるです)
こういったケースでも、現場に聞ける先輩エンジニアがいれば5分で解決します。

それだけでなくほとんどの現場にはめちゃくちゃ優秀なフリーランスエンジニアがいたりします。
そういった人に無料で仕事のことが質問できたり、考え方を学べるのは若手エンジニアにとっては非常に貴重な体験です。
これは常駐型フリーランスの大きなメリットと言えるでしょう。

人脈が広がりやすい

常駐型フリーランスは色々な現場にでることになりますが、そこで人脈が広がりやすいという点もメリットです・
在宅型の場合、必要最低限の人としか関わらずにすみますのでストレスが少ない一方で人脈は広がりにくいです。

フリーランスエンジニアの場合、人脈から仕事をもらえるケースもあります。
現場のエンジニアから刺激を受けることも多いので精神的にいい状態になることがほとんどです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
よほど人と関わりたくないというタイプの人以外でなければ常駐型はいいことだらけでおススメできます。

報酬が安定する

若手のフリーランスエンジニアの場合、まずは収入を安定させることが最重要課題と言えるでしょう。
特に未経験からはじめたようなエンジニアの場合何も実績がありません。
そのため、コンペの場や他の実績のあるエンジニアとの比較となると非常に分が悪いです。

在宅型ですとどうしても他のエンジニアとの比較になりますので、継続的に仕事を受注することが一苦労です。
また、在宅型の場合リスクも負うことになります。
(若手で経験がないため納期に間に合わなかったり思わぬバグがあってトラブルになったりすることも
多くのエンジニアが経験しています)

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
常駐型のフリーランスエンジニアですとそういった金銭面のリスクは負いません。
一つの現場は最低でも半年以上は継続しますので、金銭面で非常に安定するのです。

未経験からフリーランスエージェントを使ってバリバリ稼ぐためのロードマップ


さて、最後に未経験からバリバリ稼げるまでのロードマップをお伝えしようと思います。
未経験のエンジニアから常駐型フリーランスになりたい方に言いたい「1~2年我慢すれば軌道に乗って稼げるよ」ということです。
最初は見習い期間のつもりで、とりあえずできる仕事は何でも受けるくらいの貪欲な姿勢でいたほうがいいでしょう。

半年~1年/実務経験を積む

まずは実務経験がないとフリーランスエージェントから案件を紹介してもらうことができません。
実績作り・基礎固めだと考えとにかく実務経験を積みましょう。
方法はお伝えしたように、クラウドソーシングサービスを利用するのがおススメです。

1年~3年年/吸収&スキルアップ

優秀なエンジニアであれば3年ほどで一通りの開発はできるようになってきます。
この時期はとにかく色々なことを吸収することとスキルアップを意識することです。
4年目以降は若手から中堅になり、教えられる側から教える立場に変わります。
そう考えると日々の業務や学習への取り組み方も全く違ったものになってくるはずです。

4年目以降/稼ぐ!稼ぐ!

4年目以降は参画できるフリーランス案件も非常に増えてきます。
何より単価がぐっとあがりますのでとにかく稼ぐ事に集中できます。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
少なくとも同世代の正社員よりはたくさん稼げるので、選択肢の幅も広がります。
稼いだお金で会社を作るもよし、サービスを作るもよし。これがフリーランスエンジニアの醍醐味と言えるでしょう。

まとめ

未経験のエンジニアで登録できるフリーランスエージェントはあるのか?という疑問にお答えしました。
また、未経験のエンジニアがフリーランスエージェントに登録する際に気をつけることや稼ぐまでのロードマップをざっくりお伝えさせていただきました。
フリーランスエンジニアになるのは最初は不安もあるかもしれません。
ただしそれは初めて自転車をこぐ時と一緒で、一度慣れてしまえばなんということもありません。
何よりフリーランスエンジニアは高収入であったり自分のやりたいことができるなど魅力が満載です。
この記事を読んだ方が少しでもハッピーなエンジニアライフを送れますように!

外れなし!管理人厳選のプログラミングスクール3選はこちら

現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー
【現役エンジニア×豊富なコース】圧倒的な講師陣の質が自慢のプログラミングスクール。コースも豊富で必ず学びたい言語が見つかります。本気で学ぶのであればおすすめしたいプログラミングスクールです。

受講者満足度も90%以上!【WebCamp】
【未経験×返金保証】オリラジ藤森さんでおなじみのWebCamp。最短一か月でプログラミングを学べます。完全未経験から社会人まで幅広い層に人気のプログラミングスクールです。

Tech Boost
【オンライン×手厚いサポート】手厚いサポートが売りで、卒業後もキャリアアドバイザーに相談できます。講師は全員現役エンジニアで授業の質もバッチリです。

就職先もゲット!就活サポート付きのプログラミングスクール3選

【完全無料プログラミング研修&就活塾】
【完全無料×就職】超定番のプログラミングスクール!満足度は業界トップクラスです。就職先は優良企業が多くおすすめです。

ITエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)
【完全無料×資格取得】インフラエンジニアを目指すならここ一択!ネットワークエンジニアの会社が母体なので講師陣もスペシャリスト揃いです。

GEEK JOB
【完全無料×最短就職】プログラミングを学びながら最短一か月で就職も可能です。すぐにITエンジニアになりたい方におすすめ!