フリーランスエンジニア基礎知識

【学歴関係なし】1年以内に独立!高卒でフリーランスエンジニアになる超具体的手順とメリット

この記事を読むとわかること
・高卒でフリーランスエンジニアになる方法
・高卒でフリーランスエンジニアになるためにおススメのスキル
・高卒でフリーランスエンジニアになるメリット

このページでは高卒でフリーランスエンジニアになり稼ぐための方法や身につけるべき能力、高卒でフリーランスエンジニアになるメリットについても解説させていただきます。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
若手でフリーランスエンジニア志望の方は是非参考にしてみてください。
外れなし!管理人厳選のプログラミングスクール3選はこちら

現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー
【現役エンジニア×豊富なコース】圧倒的な講師陣の質が自慢のプログラミングスクール。コースも豊富で必ず学びたい言語が見つかります。本気で学ぶのであればおすすめしたいプログラミングスクールです。

受講者満足度も90%以上!【WebCamp】
【未経験×返金保証】オリラジ藤森さんでおなじみのWebCamp。最短一か月でプログラミングを学べます。完全未経験から社会人まで幅広い層に人気のプログラミングスクールです。

Tech Boost
【オンライン×手厚いサポート】手厚いサポートが売りで、卒業後もキャリアアドバイザーに相談できます。講師は全員現役エンジニアで授業の質もバッチリです。

就職先もゲット!就活サポート付きのプログラミングスクール3選

【完全無料プログラミング研修&就活塾】
【完全無料×就職】超定番のプログラミングスクール!満足度は業界トップクラスです。就職先は優良企業が多くおすすめです。

ITエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)
【完全無料×資格取得】インフラエンジニアを目指すならここ一択!ネットワークエンジニアの会社が母体なので講師陣もスペシャリスト揃いです。

GEEK JOB
【完全無料×最短就職】プログラミングを学びながら最短一か月で就職も可能です。すぐにITエンジニアになりたい方におすすめ!

高卒でもフリーランスエンジニアになり活躍できる!

まずは結論からいうと高卒でもフリーランスエンジニアになることができます。
それどころか場合によっては大卒・高学歴のエンジニアよりも稼ぐことができ、活躍することもできるのです。
これは非常に夢がある話ではないでしょうか。
それでは何故フリーランスエンジニアは高卒でも稼ぐことができるのか説明させていただきます。

フリーランスエンジニアの世界は学歴不問

フリーランスエンジニアの世界は基本的に学歴不問です。
常駐型にせよ在宅型にせよ面談・打ち合わせ・受注という業務フローの中で学歴による有利不利は発生しません。
つまりフリーランスエンジニアになったら高卒でも東大卒でもスタートラインは全く一緒ということなのです。
ですから年収面において高卒フリーランスエンジニア>大卒のフリーランスエンジニアというようなことは全く珍しくありません。

極論技術力があれば問題ない

では学歴以外に必要な能力は一体何でしょうか?
詳しくは後述させていただきますが、極論を言えば技術力があればOKです。

顧客の求めるものを理解し開発したりサービスを提供することができれば
その対価として報酬を得ることができるのです。

あなたの技術力が高く顧客の満足度が高い→高収入
あなたの技術力が低く顧客の満足度が低い→低収入

このようにシンプルな仕組みでフリーランスエンジニアの世界は成り立っています。

ちなみに正社員の場合、いくら顧客の満足度が高いからと言って必ずしも収入に比例しません。
会社の売上規模・上司の評価・入社年数・年齢など顧客の満足度とは直接関係のない要素で収入が決定されるのです。
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
これがフリーランスエンジニアと正社員の大きく違うところです

高卒のフリーランスエンジニアは多い?

高卒のフリーランスエンジニアは多いのでしょうか。
高卒・専門卒のフリーランスエンジニアは全体の2割~3割程度を占めます。
これを多いと思うかは人それぞれですが、今後も若いフリーランスエンジニアは増えていくでしょう。

その背景にはクラウドソーシングサービスの発達によりITエンジニアの働き方の選択肢が多様化していることがあげられます。
例えば30年前にITエンジニアになろうと思ったらSlerに入社するかソフトウェアの開発会社に入社して下積みを経験するしかありませんでした。

ところが現在では若手が手っ取りばやくスキルを身につけることができますし、本当に独立しようと思ったら未経験~経験半年でも食っていけることができるようになってきました。

  1. 自由な働き方をしたい
  2. 人に使われたくない
  3. 学歴がないけど一発逆転して高収入を狙いたい
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
こういった若者にとっては素晴らしい環境になってきているといえるのではないでしょうか。

高卒後、フリーランスエンジニアになる方法について


次に高卒後にフリーランスエンジニアになる具体的な方法について説明させていただきます。
結論から言うとフリーランスエンジニアを目指すのであればプログラミングスクールが圧倒的におススメです。
ただしいずれの方法もメリットデメリットがありますので、自分にあった方法を検討してみてください。

・独学
・派遣型の企業に就職する
・プログラミングスクール

独学

フリーランスエンジニアになるために独学で勉強するという方法があります。
専門書やネット上のサイトを参考に必要な知識を習得していく方法なのですが、よほどのことがない限りはあまりおススメしません。
メリットデメリットをみてみましょう。

メリット

独学によるメリットはお金がかかないことにつきます。
専門書は2000円~3000円もあれば手に入りますし、ネット上の情報は無料です。
資格を取得する場合は費用がかかりますが、それも1万円~2万円で充分足ります。
つまり飲み会何回か分のお金と時間さえあればいくらでも知識を身につけることができるということです。

デメリット

独学によるデメリットは圧倒的な効率の悪さです。
未経験や知識がないエンジニアの場合「わからない点がわからない」「間違った理解をしたまま進んでしまう」というような事例が度々見られ、大きく遠回りしてしまうケースが非常に多いのです。

それに加え、時間がかかってしまうことも問題です。
周りに質問できる人がいれば即解決できることも、独学の場合1時間も2時間も時間をかけ調べなければいけません。
基礎知識があればまだしも、完全なプログラミング初心者の場合この時間は完全に無駄な時間です。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
このように独学でも知識はつくのですが、時間がかかったりその正確性が担保できないため非常に効率が悪いというデメリットがあります。

派遣型の企業に就職する

フリーランスエンジニアになるために派遣型の企業に就職するという方法もあります。
派遣型の企業(SES企業)には未経験から採用してくれる企業も多いです。
こういった企業に入社してスキルが身につくかは微妙なところですが、IT業界での実務経験を積むことはできます。

選択肢としてはありといえばありなのですが、デメリットも多いので事前に知識として抑えておいてください。

メリット

派遣型の企業に就職するメリットは以下の通りです。

  1. お金をもらいながら学ぶことができる
    →フリーランスエンジニアとして独立するのであれば、一定の貯金は欲しいところです。
    仕事受注から入金までのサイクルを2~3か月と考え最低でも半年分の生活資金は貯金しておく必要があります。
    派遣型の企業で就職すればお金をもらいながら学べますので貯金しながら勉強もでき一石二鳥です。
  2. IT業界の実務経験を積むことができる
    →フリーランスエンジニアとして仕事を受注するためには一定の実務経験が必要です。
    (実務経験なしで受注できるエンジニアはいません)
    とりあえず実務経験を積むだけの目的で入社してもOKというくらい実務経験は大事なことです。

デメリット

派遣型の企業に就職するデメリットも大きいです。

  1. 研修の質が低い
    →多くの派遣型企業は研修の質が極めて低いです。
    研修といっても自己学習と変わらないレベルだったりただ会議室で動画を見て終わり、
    という企業も少なくありません。これには理由があり、多くの派遣型企業は極端な営利主義であり、人売りビジネスだからです。
    彼らのビジネスモデルはとにかく薄利多売で多数の未経験者を採用します。
    続ける人がいれば儲かりますし、辞めてもらってもまた採用すればOKという感じです。
    こういった企業はエンジニアを育てる、という概念が希薄なため当然ながら研修の質も低いというわけです。
  2. 全くスキルの身につかない現場に配属されることもある
    →派遣型の企業はエンジニアよりも自社の都合を優先して現場を決めることがほとんどです。
    配属された現場がスキルに身につく現場であればいいのですが、雑用なプログラマーとしてのスキルが全くつかない現場も多々あります。
    こういった現場に配属されても社員という立場上拒否権がありませんので、無駄な時間を過ごしてしまうということが大変多いのです。
  3. ブラック企業が非常に多い
    →派遣型の企業の場合、いわゆるブラック企業が多いことも特徴です。
    フリーランスエンジニアにステップアップするための期間と割り切れる人であればいいですが、
    就業条件・賃金などに隠れたリスクがないかしっかりチェックする必要があります。
    特に中小規模の企業だとコンプライアンス違反や違法な派遣を行っている会社もありますので、しっかり調査の上入社を決めましょう。

プログラミングスクール

フリーランスエンジニアになるためにプログラミングスクールに入るという方法もあります。
結論からいうと、プログラミングスクールは非常におススメです。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
プログラミングスクールで習った後にどこかのIT企業に入社したりフリーランスエンジニアになる事例というのは非常に増えています。
これには理由があり、最近のプログラミングスクールは各社の競争が激しいこともあり、講師の質が大変高くなってきています。
そのため、未経験者が入学しても卒業するころには基礎的な知識と実践的な能力がそこそこ身についていることが多いのです。
(ひと昔前はパソコンスクールのおじいちゃんみたいな人や何も知らないペーペーの若手が教えたりしてました)

メリットデメリットを見てみましょう。

メリット

プログラミングスクールのメリットは基礎的な知識と実践的な力が身につけやすい点です。
特に講師がバリバリのエンジニアであることも多いので「現場で必要な知識と実践力」を学ぶことができます。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
プログラミングスクールでは講師に質問し放題なので、やる気のあるエンジニアはどんどん能力を伸ばすことができます。

デメリット

プログラミングスクールのデメリットは単純にお金がかかることです。
プログラミングスクールによりますが、最低10万円以上かかることがほとんど。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
ただしプログラミングスクールには就職支援とセットになって無料になる企業や、安価で良質なサービスを提供してくれる企業もあります。
興味があれば色々な企業を調べてみましょう。
外れなし!管理人厳選のプログラミングスクール3選はこちら

現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー
【現役エンジニア×豊富なコース】圧倒的な講師陣の質が自慢のプログラミングスクール。コースも豊富で必ず学びたい言語が見つかります。本気で学ぶのであればおすすめしたいプログラミングスクールです。

受講者満足度も90%以上!【WebCamp】
【未経験×返金保証】オリラジ藤森さんでおなじみのWebCamp。最短一か月でプログラミングを学べます。完全未経験から社会人まで幅広い層に人気のプログラミングスクールです。

Tech Boost
【オンライン×手厚いサポート】手厚いサポートが売りで、卒業後もキャリアアドバイザーに相談できます。講師は全員現役エンジニアで授業の質もバッチリです。

就職先もゲット!就活サポート付きのプログラミングスクール3選

【完全無料プログラミング研修&就活塾】
【完全無料×就職】超定番のプログラミングスクール!満足度は業界トップクラスです。就職先は優良企業が多くおすすめです。

ITエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)
【完全無料×資格取得】インフラエンジニアを目指すならここ一択!ネットワークエンジニアの会社が母体なので講師陣もスペシャリスト揃いです。

GEEK JOB
【完全無料×最短就職】プログラミングを学びながら最短一か月で就職も可能です。すぐにITエンジニアになりたい方におすすめ!

一番手っ取り早くフリーランスエンジニアになるには?

一番手っ取り早くフリーランスエンジニアになるにはプログラミングスクール一択です。
基礎を学びつつクラウドソーシングサービスなどで安価な仕事を受注してみる方法であれば、最短で3か月~半年もあれば独立できる可能性はあります。
また、プログラミングスクールの場合就職支援やコネクションのある企業の案件を紹介してくれる
ケースもありますので卒業後の進路により何かしらの援助を受けることも可能です。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
もちろん本人の努力は必要なのですが、プログラミングスクールが最速です

若手フリーランスエンジニア向け!スキルと職種別のおススメ度


次に若手フリーランスエンジニアにおススメの言語とスキルについて説明させていただきます。
おススメの言語について以下となります。

・Java
・PHP
・Python
・iOS
・Android

WEB系言語であれば何でもいい、とするサイトもありますが基本的にはこの5つから選んだほうがいいでしょう。
RubyやC言語は次点としますがそこまで積極的に推奨はしません。
この5つの中で特におススメなのがJavaとPHPです。

理由は案件数も多く、単価が高いからです。
どのプログラミング言語を学んだとしても流行り廃りがありますので、リスクは伴います。
ただしJavaやPHPは現時点で採用されている割合が圧倒的に高いため一定の将来性も担保できるという面が大きいです。

インフラエンジニアについて

これからフリーランスエンジニアになりたい方にとってインフラエンジニアはどうでしょうか。
結論からいうとフリーランスのインフラエンジニアはかなりおススメです。
インフラ案件は基本的になくなることがありませんし、単価も高いです。
社会基盤を支えるという意味でやりがいもありますので、やりがいを求める方にも向いています。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
昨今ですとプログラミングスクールもインフラエンジニア育成に力を入れていているので興味があれば調べてみてください

デザイナー、イラストレーターについて

フリーランスのデザイナー、イラストレーターはどうでしょうか?
単価や報酬の面だけ比較するとITエンジニアに比べかなり安いのがネックです。

ちなみにフリーランスで営業するのであれば独自性を打ち出したりリピーターを増やしたり何らかの戦略は必須です。
ITエンジニアと比較すれば下積み期間が少なくてもセンスがよければすぐに商売になるというメリットはあります。
同業他社も多くガッツリ稼ぐには向いてないので、本人の志望度やどれくらい稼ぎたいかなどという面も重要になってきます。

ディレクターについて

フリーランスのディレクターも悪くはありません。
ただし常駐型の案件の場合、単価はそこそこ高いのですが案件数はそこまで多くない傾向にあります。
在宅型の場合、やや単価が安いのとコンペに勝ち抜く必要があります。
単純にWEBディレクターということですとなかなか引き合いが少ないため、何か得意分野をみつけプラスアルファとして付加価値をつけたいところです。

高卒の若手フリーランスエンジニアが身につけるべき能力3つ


これからフリーランスエンジニアになりたい若手エンジニアが身につけるべき能力について説明させていただきます。
もちろん一番はプログラミングスキルなのですが、若手のフリーランスエンジニアにとって必要な能力はそれだけではありません。
結局のところ長期的に稼げるか、というのは総合力勝負という面もありますので少しずつでも足りない部分を強化していきましょう。

・プログラミングスキル
・コミュニケーション能力
・単価の相場を理解すること

プログラミングスキル

フリーランスエンジニアとして最も大切なのはいうまでもなくプログラミングスキルです。
顧客からしたらお金を払っている以上、依頼しているエンジニアの年齢は関係ありません。
独立したら技術的なトラブルは全て自分で解決する必要がありますので、フリーランスになりたいのであればとにかくスキルと知識を上げることを意識しましょう。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
これから何年以内に独立しよう、というエンジニアであればそこまでに一人前になれるか?と逆算して日々学習しなくてはいけません。
そう考えると本当に必死に勉強しなくてはいけないのがわかるのではないでしょうか。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
楽して稼げる道はありませんので、日々勉強ですね

コミュニケーション能力

若手のフリーランスエンジニアが身につけるべき能力の一つがコミュニケーション能力です。
コミュニケーション能力とは、

  1. 相手の伝えたいことを正しく理解すること
  2. 自分の考えを正しく伝えること

これにつきます。

ITエンジニアの場合、顧客やチームメンバーの意図を読み取る作業というのが日常的に生まれます。
意図を読み取れないことで信頼性を失ったり評価が下がったりということがありますので大変重要なスキルです。
自分の考えを正しく伝える前に、若手エンジニアはまず相手の意図を読み取りしっかり理解することの練習をしてみてください。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
例えば打ち合わせをしたら必ずメモをとる、エビデンスを残す、相手と認識あわせをする、など簡単なことからはじめてみてはどうでしょうか。

単価の相場を理解すること

若手のフリーランスエンジニアが身につけるべき能力として適切な単価を理解することです。
フリーランスエンジニアとして独立するということは自分の単価も自由に設定できるということです。
ところがその単価の設定がいい加減な人や明らかに単価の相場感を理解していない人も多いのです。
これは若手のフリーランスエンジニアの典型的な失敗例です。

  1. 常駐型のフリーランスエンジニア→エージェントに聞くて単価相場を知りましょう。
  2. 在宅型のフリーランスエンジニア→競合他社の価格を調査しましょう。
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
発注者の立場になった時に自分に仕事を依頼するか?という観点が非常に大切です。

高卒でフリーランスエンジニアになるメリット


最後に高卒でフリーランスエンジニアになるメリットについて説明させていただきます。
冒頭でもお伝えしたように高卒のフリーランスエンジニアであっても大卒のフリーランスエンジニアの収入を上回ることは難しくありません。
収入面以外でも、実は高卒でフリーランスエンジニアになることメリットは非常に大きいので具体例を出して説明してみました。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
参考にしてみてね
・ITエンジニアは若いほうが需要が高い
・長い間稼ぐ事ができる
・時間や生き方の自由が圧倒的に多い
・仮に失敗しても就職することができる

ITエンジニアは若いほうが需要が高い

ITエンジニアは若いほうが需要が高いというのも若くしてフリーランスエンジニアになるメリットです。
一般的にプログラミングに必要な頭の柔軟性や回転は20代から30代がピークと言われております。
また、体力や気力も同様です。

そのため、若手エンジニアは高い単価の案件を獲得しやすという面があります。
例えば常駐型のフリーランスエンジニア案件ですと、20代から30代の案件が最も多く単価も高いです。
つまり発注者は総合力で考えると20代から30代の若手が最もパフォーマンスが高いと考えているのです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
高卒のフリーランスエンジニアの場合、大卒のフリーランスエンジニアよりも経験豊富でさらに若いのですからこの強みを充分に発揮できるというメリットがあるわけです。

長い間稼ぐ事ができる

高卒のフリーランスエンジニアは長く稼ぐ事ができるというメリットがあります。
高卒でフリーランスエンジニアになるということは大卒でエンジニアになるよりも4年も長く稼ぐ事ができるわけです。
仮に年収が500万円だとしても、500万円×4年=2000万円となり決して小さい金額ではありません。

大卒のエンジニアが勉強している間に高卒のフリーランスエンジニアは実務経験を積んでいる訳ですから、単純にITエンジニアとしてのキャリアとして考えても大きなアドバンテージがあります。

時間や生き方の自由が圧倒的に多い

これは若手に限らずフリーランスエンジニア自体のメリットですが、時間や生き方の自由が圧倒的に多いです。
例えば新卒で入社したとしたら、日常はその企業の風習やルールに大きく縛られます。
例えば毎日残業がある会社であれば自分だけ帰るわけにいきませんし、上司との飲みが強制の会社もあります。
また、土日も会社のイベントなどに駆り出されるなんてこともあります。

フリーランスエンジニアであればこういった自分の意図に反した無駄な時間は一切なくなります。
もし稼げているのであればどこでいつどれくらい働いても自由です。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
こういった自由な生き方に魅力を感じフリーランスエンジニアになる若手も非常に増えてます。

仮に失敗しても就職することができる

仮に失敗しても就職することができるという点も高卒でフリーランスエンジニアになるメリットです。
例え数年独立して失敗してもまだまだ若いのでIT企業では引く手あまたです。
正社員として働いてまたお金を貯めて独立する、という選択肢もあります。

これが40代50代となると転職できる企業も限られてきます。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
このように、リスクをめいいっぱいとっても全く問題なく復帰できるというのも若手ならではのメリットです。

まとめ

高卒でもフリーランスエンジニアになる具体的手順やメリット、考え方について説明させていただきました。
ネット上では「高卒でフリーランス?無理だよ」のような声を見る機会もありますが全くそんなことはありません。
現実問題として20代前半のフリーランスエンジニアは非常に増えてきていますし、フリーランスエンジニア業界で働いている業界人であればエンジニアは若ければ若いほど価値が高いということをよく知っています。
この記事を読んだ若手のエンジニア志望者が将来よきエンジニアになり、そして素晴らしいエンジニアライフを送れますように!

外れなし!管理人厳選のプログラミングスクール3選はこちら

現役エンジニアから学ぶならテックアカデミー
【現役エンジニア×豊富なコース】圧倒的な講師陣の質が自慢のプログラミングスクール。コースも豊富で必ず学びたい言語が見つかります。本気で学ぶのであればおすすめしたいプログラミングスクールです。

受講者満足度も90%以上!【WebCamp】
【未経験×返金保証】オリラジ藤森さんでおなじみのWebCamp。最短一か月でプログラミングを学べます。完全未経験から社会人まで幅広い層に人気のプログラミングスクールです。

Tech Boost
【オンライン×手厚いサポート】手厚いサポートが売りで、卒業後もキャリアアドバイザーに相談できます。講師は全員現役エンジニアで授業の質もバッチリです。

就職先もゲット!就活サポート付きのプログラミングスクール3選

【完全無料プログラミング研修&就活塾】
【完全無料×就職】超定番のプログラミングスクール!満足度は業界トップクラスです。就職先は優良企業が多くおすすめです。

ITエンジニア始めるならネットビジョンアカデミー(NVA)
【完全無料×資格取得】インフラエンジニアを目指すならここ一択!ネットワークエンジニアの会社が母体なので講師陣もスペシャリスト揃いです。

GEEK JOB
【完全無料×最短就職】プログラミングを学びながら最短一か月で就職も可能です。すぐにITエンジニアになりたい方におすすめ!