フリーランスエンジニア基礎知識

【常駐型SE必見!】SES企業を辞めてフリーランスエンジニアになるメリットと基礎知識

この記事を読むとわかること
・SES企業を辞めてフリーランスエンジニアになるメリット
・SES企業を辞めてフリーランスエンジニアになろうか迷っている人に役立つ情報
・フリーランスエンジニアになる前にしておく準備

このページではSES企業(客先常駐企業)を辞めてフリーランスエンジニアになりたい方に向けて、メリットや失敗しないためのポイントについて説明させていただきます。
参考にしてみてください。

会社のウザい人間関係のストレスはフリーランスエンジニアになり解消される!そのメリットと現実を解説しますフリーランスエンジニアと人間関係について説明したページ。 会社での人間関係はしんどいですが、フリーランスになれば全て解放されるというのは本当でしょうか? 業界歴20年の管理人がフリーランスエンジニアと人間関係の全てを徹底解説します。...
【もう迷わない】フリーランスエンジニアのキャリアパスを年代別に徹底解説!フリーランスエンジニアのキャリアパスについてお話させていただきます。 フリーランスエンジニアの20代30代40代50代それぞれのキャリアパスや考え方をまとめてみました。 若手からベテランのエンジニアまで必見です! 今後のキャリアに不安な人や誰かに相談したいフリーランスエンジニアは是非参考にしてみてください。 ...
まずは登録!ド定番のフリーランスエージェント5選はこちら

レバテックフリーランス
【独自案件×直案件】とにかく高単価が魅力!高収入フリーランスをガンガン生み出している大人気エージェントです。

ギークスジョブ
【業界最大手×圧倒的な案件数】幅広い案件を揃えており、希望の案件が必ず見つかる安心のエージェントです。

High-Performer
【高単価×支払いサイト15日】経験豊富な営業と手厚いサポートでエンジニアからの信頼度は業界ナンバーワンです。

【Pe-BANK】
【老舗×安定感】実績は業界でも断トツです。業務系・制御系・汎用系にも強く全国に支店があります。

【midworks】
【保障×安定感】正社員なみの保障とフリーランスの高単価のいいとこどりを狙える点が大人気のエージェントです。

Contents

SES企業を退職してフリーランスエンジニアになる事例は多いの?

まず結論からいうとSES企業(客先常駐企業)を辞めてフリーランスエンジニアになる事例は非常に多いです。
理由としては多いのは以下の二点です。

  1. フリーランスエンジニアになるメリットが非常に大きいため
  2. SES企業で働くことに対する将来の不安を感じるSEが多いから

SES企業を辞めてフリーランスエンジニアになるメリットについて


まずはSES企業(客先常駐企業)を辞めてフリーランスエンジニアになるメリットについて説明させていただきます。
これはITエンジニアとしてどう生きたいか、という重要なテーマと関わってきます。
どんなに長くても現役のエンジニア生活は30年ちょっとです。
SES企業(客先常駐企業)でずっと働くという判断ももちろんなくはないと思います。
ただしフリーランスエンジニアになった場合のメリットを知ることで人生の選択肢が大きく広がることは知っておいたほうがいいでしょう。

ポイント
SES企業とフリーランスエンジニアでは全く異なった環境で働くことができます。
フリーランスエンジニアになることで様々なメリットがあります。

収入が増える

SES企業(客先常駐企業)を辞めてフリーランスエンジニアになる最大のメリットは収入が増えることです。
SES企業(客先常駐企業)の場合、会社の取り分(マージン)が大きいためエンジニアへ還元される給料は微々たるものです。
フリーランスエンジニアになると会社の取り分(マージン)が丸々手元に入ってくるわけですから、当然収入が増えるわけです。

SES企業(客先常駐企業)が儲けるためには「いかにエンジニアの給料を抑えコストを下げるか」がポイントです。
給料を下げすぎてしまうとエンジニアの離職に繋がるため生かさず殺さずというギリギリのラインの給料を支払うわけです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
そのため全く同じ現場、同じ商流であっても正社員からフリーランスになっただけで収入が何倍にもなったというような事例も少なくありません。
ポイント
SES企業(客先常駐企業)の社員の給料は非常に低いことが一般的です。
フリーランスエンジニアになるだけで収入が何倍になるケースもあります。

好きな言語、工程、作業内容の案件を選ぶことができる

フリーランスエンジニアになると自分の好きな言語、工程、作業の案件を選ぶことができます。
「そんなこと当たり前じゃん」と思った方もいると思いますがそうではありません。

SES企業(客先常駐企業)の場、「参画する案件の優先度は会社の都合・営業の都合>エンジニアの希望」となることがほとんどです。
(例えば未経験の言語や領域にチャレンジしたいと思ってもエンジニアの希望が通るケースは少ないでしょう)

理由は簡単で、以下のようなものです。

  1. 少しでも高い単価の案件に参画させ利益率を高めたいから
  2. 未経験の言語・領域の案件にアサインさせると単価がでないから
  3. エンジニアのワガママを聞くと待機のリスクが増えるから
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
一方でフリーランスエンジニアであれば自己責任のうえで自分の好きな言語、工程、作業内容を選ぶことができるというメリットがあります。
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
どちらのほうが長期的にみてエンジニアのキャリアに役立つかは一目瞭然ですね。

参画する案件の期間を自分で決めることができる

SES企業(客先常駐企業)を辞めてフリーランスエンジニアになるメリットとして参画する案件の期間を自分で決めることができるという点があります。
SES企業(客先常駐企業)の場合、案件に参画する期間は基本的に会社の方針に従う必要があります。
何故かというと以下のような理由です。

  1. 契約期間は会社同士で契約を締結しており、それに基づく必要があるから
  2. 派遣会社はクライアントとの関係性を最も重要視するため、こちらから契約解除を言い出すことが難しいから
  3. 長期で利益率の高い現場に参画させたいから
  4. 次の案件を決めると営業のコストがかかるから可能な限り一つの現場で長くいてほしいから

これらは全てSES企業(客先常駐企業)の都合であって、エンジニアのキャリアアップという観点はゼロです。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
フリーランスエンジニアであれば案件に参画する期間は自分で決めることができるというメリットがあります。

勤務場所・始業時間など自分の優先度の高い案件を探すことができる

SES企業(客先常駐企業)を辞めてフリーランスエンジニアになるメリットは勤務時間・始業時間など自分の優先度の高い案件を探すことができるという点です。
SES企業(客先常駐企業)の場合、クライアントの現場の現場が遠い場合、エンジニアが大変だとしても通勤しなくてはいけません。
通勤時間がかかるだけならまだしも、現場が忙しくなって残業時間が増えてくると体調管理が大変です。
派遣会社にはこういった過酷な環境で心身を病んで鬱になってしまう社員も多いのです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
フリーランスエンジニアであればまず常駐するのか?在宅で仕事するのか?という選択肢があります。
そのうえで常駐する場合でも通勤時間や始業時間を事前に把握して許容範囲の中で案件を選ぶことができるのです。

帰社日や人事考課、会社のイベントなど無駄な時間を使う必要がない

帰社日や人事考課、会社のイベントを無駄な時間と考えるエンジニアは大変多いです。
このようなイベントは帰属意識を高める目的で行っているため、エンジニアにとって価値のある時間にはなりにくいです。
もちろん愛社精神が高い方や自社と共に成長したいというような志がある方であれば問題ありません。

ところがSES企業(客先常駐企業)の場合、基本的には人売りビジネスです。
企業が存続するには人を高く捌いて稼ぐ、ということをするしかないためいくら建前で立派なビジョンを掲げても本当にエンジニアのために経営することは難しいことがほとんどです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
利益率を下げてもエンジニアのために、というSES企業はまずありません

理不尽な会社の指示に従う必要がない

SES企業(客先常駐企業)で働くと理不尽な指示があっても従わなければいけません。
特に多いのが担当営業マンからの指示です。
SES企業(客先常駐企業)の営業というのは基本的に会社が儲けるためにはどうすればいいのか?という判断基準が最優先になります。

そのためにはどうしてもクライアント・協力会社>自社のエンジニアという考え方になってしまいます。
何故ならクライアントや協力会社との取引ができないと営業が成立しませんし、自社の社員はクビにして取り換えればいいですがクライアントはそういう訳にはいきません。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
つまりSES企業(客先常駐企業)の中で働くエンジニアの地位は一番低いといってもいいのです。
派遣社員の抱えるストレスはこういったところにもあります。

自由な働き方ができる

SES企業(客先常駐企業)を辞めてフリーランスエンジニアになるメリットとして自由な働き方ができるということです。
例えばしばらく働きたくないな、と思ったら半年くらいフラっと旅行にいってもいいのです。
実際に著者の知人のフリーランスエンジニアも毎年冬になると趣味のスノボのため3か月ほど山にいってその間は仕事をしない、という働き方をしてる方がいます。

当然ながら正社員であればこのような働き方は許されません。
冒頭でもお伝えしたようにフリーランスエンジニアになるということはどのような生き方をしたいか、ということでもあるのです。

SES企業を辞めてフリーランスエンジニアになるデメリットについて


次にSES企業(客先常駐企業)を辞めてフリーランスエンジニアになるデメリットについて説明させていただきます。
当然ながらフリーランスエンジニアになることによるリスクというのは存在します。
重要なのはそれをどれくらいのリスクと考えるかということです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
それは個人の生活環境や考え方によって異なってくる部分になってきますので、フリーランスエンジニアになる前に一度自分と向き合って考えてみる時間をとってみるのもいいでしょう。

正社員という立場を失う

正社員という立場を失うということをデメリットと考える人は多いはずです。
社会的な信頼性で考えると正社員>フリーランスであることは間違いありません。
以下のようなことで正社員とフリーランスの扱いの違いやデメリットを感じるかもしれません。

  1. クレジットカードの与信枠
  2. 住宅ローンの審査など
  3. 結婚相手やその両親・親戚つき合い
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
逆に言えばデメリットはそれくらいなので、これをどこまで大きいリスクと考えるかですね。

有給休暇がない

正社員という立場ですと、風邪や体調不良でお休みをしても有給休暇を利用できます。
一方でフリーランスの場合そうもいきません。
働かないとお金が入ってきませんので、体調を崩して長期のお休みをしてしまった場合、収入面の影響が大きいです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
SES企業(客先常駐企業)の場合そこまでガンガン有給休暇を使える企業はないですが、何かあったときに収入がゼロになる可能性があるということはデメリットと言えます。

フリーランスエンジニアになることをおススメしない人


SES企業(客先常駐企業)を辞めてフリーランスエンジニアになるメリットが大きいというのはすでにお伝えしました。
だからといって全員がフリーランスエンジニアになるべきとは思いません。
何故かというとフリーランスエンジニアになるのに向いてない人もいますし、そういった失敗例もみてきました。
ではどういった人が向いてないのでしょうか?

会社に食わせてもらっている状態のエンジニア

まずは会社に食わせてもらっている状態のエンジニアはフリーランスエンジニアになるべきではありません。
最低でも他の何人かの社員を食わせている状態(利益面で会社に貢献している)でないと独立しても成功することは難しいでしょう。
具体的には以下のようなエンジニアです。

  1. スキルが低い
  2. 習得している言語の市場価値が低い
  3. コミュニケーション能力が低い
  4. 長期間待機になってしまっている
  5. 自分のコスト>自分が現場で入って稼ぐ利益となってしまっている

こういったエンジニアはフリーランスエンジニアにならずに今の会社に残留したほうがリスクは少ないでしょう。
常駐型にしろ在宅型にしろフリーランスの場合「自分が顧客に提供したサービスの質・満足度=報酬」となります。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
食わせてもらっているエンジニアは自分の提供できるサービスや質を上げ、まずは一定水準を上回るようになってから独立を検討しましょう。

我儘な人、こらえ性がないエンジニア

我儘な人やこらえ性がない人もフリーランスエンジニアになることをあまりおススメしません。
確かにフリーランスエンジニアになればストレスは圧倒的に軽減されますが全てのストレスがなくなるわけではありません。

常駐型のフリーランスエンジニア→現場メンバーとのコミュニケーション、指示の変更、納期
在宅型のフリーランスエンジニア→顧客からの理不尽な要求、金銭面のストレス

など一定のストレスはかかるわけです。

残念ながら我儘な人やこらえ性がなくて現場を点々としたり、受託案件を受けてもクライアントと上手くいかず失敗しているフリーランスはいます。
このようなエンジニアはエンジニアとしてのスキルでなく、まず自分のストレスと向き合う技術を高めるほうがずっと重要です。

今の会社を辞めたいからという理由だけでフリーランスになる人

今の会社を辞めたいからという理由だけでフリーランスエンジニアになるのはおススメしません。
中には退職したいだけであったり、他の就職先がないからといってフリーランスエンジニアになろうとする人がいますが少し冷静になる必要があります。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
あくまでもフリーランスエンジニアになる、というのは手段の一つです。
自分がどのように生きたいのか、今の会社を辞めて何を実現したいのか、という手段なのだということを忘れないようにしましょう。

SES企業を辞めてフリーランスエンジニアになろうか迷っている方へ!知っておきたい考え方


次にSES企業(客先常駐企業)を辞めてフリーランスエンジニアになろうか迷っている方に向けて大事な考え方をお伝えします。
フリーランスになるにあたり、収入面や将来の自分のあるべき姿など考えることは多いと思います。
ここではフリーランスになる?会社員になる?という点において本質的なポイントをあげてみますので何かの参考になれば幸いです。

自分が儲けるか、会社を儲けさせるか

フリーランスになるならない、というのは結局自分が儲けるか会社を儲けさせるかだと考えましょう。
これはSES企業(客先常駐企業)の経営の仕組みを考えると理解できます。

SES企業(客先常駐企業)は高単価のエンジニアの給料を抑え、それを会社の経営資金(家賃、人件費、広告費、待機エンジニアの給料など)に回すことによって成り立っています。
未経験のエンジニアや若手のエンジニアはほとんど利益を生みませんので中堅以上のエンジニアから搾取することで潤っているのです。

つまりあなたが中堅以上のエンジニアであれば、他の社員を養って会社を儲けさせるために働いているのです。
もちろんそれで充分な給料をもらっていればいいのですが、残念ながらSES企業(客先常駐企業)で高賃金の会社はほとんど存在しません。
(経験のあるSEであっても年収400万円~年収500万円もあればいいほうです)

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
フリーランスエンジニアになるということは会社を儲けさせるためでなく、自分を儲けさせるために働くことです。
これは価値観の問題なのでどちらが正しいということでありませんが、そこまで自分を犠牲にして忠誠を尽くす価値のある派遣会社など存在しないというのが現実ではないでしょうか。

本当にSES会社にいることが安定なのか?

結局のところSES企業(客先常駐企業)に残るメリットとして正社員でいる安定性以外にないと思います。
しかしながら本当に安定なのかというと全くそんなことはありません。
SES企業(客先常駐企業)で長期働くリスクは非常に多いのですが、ざっくりいうと以下のようなことです。

  1. 待機が続くと給与カット、退職勧告もある
  2. エンジニアの年齢が高くなり案件がなくなると給料が下がる
  3. エンジニアの年齢が高くなるとクビにするのはザラ
  4. 中小企業やベンチャーが多く倒産リスクも高い
  5. 企業年金がない企業も多い

特にリスクなのがIT派遣会社の場合、エンジニアの年齢が高くなると扱いがどんどん悪くなってくることです。
他の職種であれば経験や年齢と共に給料や待遇は上がってくるのですが真逆です。
実際に40代以降のエンジニアは給料カットやクビというのは当たり前です。

それはSES企業(客先常駐企業)のビジネスモデルが影響しています。
スキルの高いエンジニアを育てずにその場限りで現場にぶち込んで、ということをして年齢が上がったらポイ捨てされる。
こういった状況を揶揄して人売りITなどと言われますが、多くのSES企業(客先常駐企業)が人売りITに分類されるでしょう。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
本当に恐ろしいのが若いうちはこういった業界の仕組みに気がつかないで、年をとったらもう手遅れになってしまうということです。

フリーランスエンジニアになる前にすべき準備3つ


最後のフリーランスエンジニアなる前に準備すべきことを説明させていただきます。
フリーランスエンジニアになりたい!と思ってもいきなり会社を辞めずに調査、準備をしましょう。
独立あとにこんなはずじゃなかった。ということにならないようにね

退職時期を検討し、調整する

退職の時期を検討し、自社と調整しましょう。
おそらく引き留められるでしょうが、SES企業(客先常駐企業)が抱えているリスクが何か改善されるわけではありませんので気にする必要はありません。
職時期のポイントとしては以下です。

  1. 一か月以上前に担当者に伝える
  2. できればボーナスをもらった後に退職する
  3. 四半期の区切りで退職する
  4. フリーランス案件が動く4月や9月に向けて退職する
SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
参考にしてみてください

自分の市場価値と単価を把握する

フリーランスエンジニアになる前に自分の市場価値と単価を把握しましょう。
フリーランスエンジニアになっても単価が安い、あるいは案件や仕事が全くないなどと言う状況になったら目もあてられません。
常駐型のフリーランスエンジニアを希望している方であれば、フリーランスエージェントにスキルシートを提出すれば無料で適正単価を教えてくれるはずです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
その単価で充分に独立して採算がとれるのであれば行動あるのみです。
ポイント
常駐型フリーランス希望であれば、エージェントに登録して適正単価を教えてもらいましょう。

5年後10年後の方向性を考える

5年後10年後の方向性を考えることも大切です。
具体的にいうと以下のようなものです。

  1. プレイヤーとしてスキルを上げたい
  2. サービスを作りたい
  3. 会社を作りたい
  4. 人を育てたい
フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
方向性によってフリーランスになった後、どういった業務をするのか?何に時間を投資するのか?という行動が変わってくると思います。
ポイント
フリーランスエンジニアになるのは手段の一つなので、目的や目標があることで行動もブレません。
回り道をすることなく最短距離を進むことができます。

まとめ

SES企業(客先常駐企業)を辞めてフリーランスエンジニアになるメリット、注意点、辞める前の準備など必要な情報をお話させていただきました。
本文でもお伝えしたようにSES企業(客先常駐企業)の正社員を辞めてフリーランスエンジニアになるのは非常におススメです。
何故なら人生の選択肢が圧倒的に増えるからです。
ちなみにもしフリーランスエンジニアで上手くいななくても派遣型企業であれば引く手あまたなのでリスクも低いという現実もあります。
この記事を読んだあなたが良い選択をし、ハッピーなエンジニアライフを送れるように!

まずは登録!ド定番のフリーランスエージェント5選はこちら

レバテックフリーランス
【独自案件×直案件】とにかく高単価が魅力!高収入フリーランスをガンガン生み出している大人気エージェントです。

ギークスジョブ
【業界最大手×圧倒的な案件数】幅広い案件を揃えており、希望の案件が必ず見つかる安心のエージェントです。

High-Performer
【高単価×支払いサイト15日】経験豊富な営業と手厚いサポートでエンジニアからの信頼度は業界ナンバーワンです。

【Pe-BANK】
【老舗×安定感】実績は業界でも断トツです。業務系・制御系・汎用系にも強く全国に支店があります。

【midworks】
【保障×安定感】正社員なみの保障とフリーランスの高単価のいいとこどりを狙える点が大人気のエージェントです。