フリーランスエンジニアになる準備

5分でわかる!フリーランスエンジニアのスキル不足によるトラブル・クレームを防ぐ方法

この記事を読むとわかること
・フリーランスエンジニアがスキル不足と言われる原因の具体例
・フリーランスエンジニアがスキル不足と言われた後の対応
・フリーランスエンジニアがスキル不足と言われないための対策

このページではフリーランスエンジニアのスキル不足という問題について説明させていただきます。
フリーランスエンジニアのトラブル原因として多いのがスキル不足・勤怠・人間関係の3つです。
スキル不足によるトラブルやクレームの原因を理解し対策することでストレスのないエンジニア生活を送れますので、是非参考にしてみてください。

まずは登録!ド定番のフリーランスエージェント5選はこちら

レバテックフリーランス
【独自案件×直案件】とにかく高単価が魅力!高収入フリーランスをガンガン生み出している大人気エージェントです。

ギークスジョブ
【業界最大手×圧倒的な案件数】幅広い案件を揃えており、希望の案件が必ず見つかる安心のエージェントです。

High-Performer
【高単価×支払いサイト15日】経験豊富な営業と手厚いサポートでエンジニアからの信頼度は業界ナンバーワンです。

【Pe-BANK】
【老舗×安定感】実績は業界でも断トツです。業務系・制御系・汎用系にも強く全国に支店があります。

【midworks】
【保障×安定感】正社員なみの保障とフリーランスの高単価のいいとこどりを狙える点が大人気のエージェントです。

Contents

フリーランスエンジニアのスキル不足の原因と対応策について


まずはスキル不足を指摘される原因について説明させていただきます。
フリーランスエンジニアの場合、どれくらいのスキルが必要なのでしょうか?
結論から言うと、案件概要に記載されている経験年数やスキルセットが基準になります。
言い換えれば経験年数に応じた標準的なスキルと知識を備えていればスキル不足でトラブルとはなりません。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
ところが実際問題としてスキル不足でトラブルになるケースは割とあるのですがそれは何故なのでしょうか。
原因としては以下の2パターンあります。
  1. クライアントや現場に問題があるケース
  2. エンジニア自身に問題があるケース

それぞれについて掘り下げて内容とその対応策を説明させていただきます。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
スキルについて不安な方やスキル不足の指摘を受けた方は参考にしてみてください。

クライアントや現場に問題があるケース

フリーランスエンジニアのスキル不足問題はクライアントや現場に問題があるケースも多いです。
社風やそもそもの考え方の違いなど複数の原因があることもあり、本質的な解決は難しいことがほとんどです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
ただしIT派遣の業界では割とあることなので、もしトラブルがおきても冷静に平和的に解決するように対応することが重要です。
個別のケースと対応策について見ていきましょう。

求めているパフォーマンスが高すぎる

クライアントや現場の求めているパフォーマンスが高すぎるためスキル不足を指摘されるケースです。
もう少し掘り下げると以下のようなパターンです。

  1. 現場のメンバーのスキルが高い
  2. フリーランスエンジニアの単価が相場よりも高い
  3. エンド企業が実現困難な要求をしてくる

この場合の対応策としては

  1. 作業内容を変更して負担を減らしてもらう
  2. 単価を下げる

などがありますが、エンジニアのとってはあまりいい方向に向かないことも多いです。
そのため折り合いがつかない場合は双方合意のうえ退場するのがいいでしょう。

周りが全くフォローしてくれない

周りのメンバーが全くフォローしてくれないことが原因でスキル不足と指摘されるケースもあります。

いくら優秀なエンジニアでも業務に必要な知識や必要最低限のサポートがないとキャッチアップに時間がかかります。
このあたりの配慮がなく丸投げ→作業の遅れ→スキル不足のクレームという指摘に繋がるパターンも少なくありません。

対応策としては現場でフォローがなく作業に影響がでそうであれば早めにエージェントと通して現場に連絡を入れることです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
それにより現場でしっかりとフォローがされ、問題解決となるケースもあります。
(忙しくてフォロー体制ができていなったり、悪意なく放置してしまっていただけということもあります)

納期がタイトすぎる、現場が炎上している

納期がタイトすぎる、現場が炎上している現場でよくありがちなのがスケジュール遅延をエンジニアのスキルのせいにすることです。

雇用側からすると納期に間に合わせるためにエンジニアを入れたのに目的が達成できていない→エンジニアが悪いという考え方になってしまうこともあるようです。
プロジェクトがうまくいっていないとしてその責任が一人の外注の責任になる、という考え方がそもそもおかしいのですが実際にこういうケースはあります。

こういった現場は残念ながら対応策は少ないです。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
エージェントに事情を説明して問題点に改善がみられないようであれば現場を離れるというのが賢い選択です。

何かしらの要因で嫌われている

何かしらの要因で嫌われていることで、クレームになることもあります。
そういった場合、勤怠やスキル不足やコミュニケーション不足やなにがしかの理由をつけるものです。

本当にスキル不足であればその点は改善しなくてはいけませんが、このケースはそうではありません。
対応策としては、具体的にどこを改善したらいいか確認することです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
ただしこういった現場に長期で参画するメリットはありませんので頃合いをみて現場を離れるのがいいでしょう。

エンジニア自身に問題があるケース

フリーランスエンジニアのスキル不足問題はエンジニア自身に問題があるケースも多いです。
本人ではなかなか気がつかなかったり、現場にも何割か責任があったりするケースもあるため一概に言えないことも多いです。
しかしまずは自身の能力と態度を一度見直してみるという機会をもつことはおススメです。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
もしクレームがきてもかっかしたりやる気をなくしたりするのでなくあくまでも問題解決のために冷静に対応するようにしましょう。

単純に開発能力が低い、知識がない

スキル不足というのは単純に開発能力が低い、知識がないという事です。
冒頭でも説明させていただいたように、常駐型フリーランス案件の場合プログラミング経験年数が一定のスキルの目安となっています。
ですので、経験年数と開発能力、知識がみあってないと判断されるとスキル不足ということになります。

前向きに考えればどれくらいの開発能力や知識があればいいのか、ということを知ることができれば相場よりも高単価の案件に参画することも可能になってきます。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
いずれにせよいきなりスキルアップすることは難しいため、自分に足りない部分を知りコツコツと成長していくことが成功への近道です。

聞き方や態度に問題がある

スキルそのものよりも聞き方や態度に問題があるというケースも少なくありません。
クレームになる場合、一つの理由だけでなく複数の理由が積み重なっている場合も多いのです。
例えば以下のような場合スキルそのものに問題がなくとも、スキル不足というような指摘を受けることがあります。

  1. 自分の主張を曲げない
  2. 上から目線
  3. 確認をせずに間違った理解をしてしまう

確かに管理者側の立場にたって考えれば周りのメンバーと円滑なコミュニケーションがとれていないことで業務に支障がでていたらスキル不足と言いたくもなるのは理解できます。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
自覚がない方はこういった視点で自分を振り返ってみましょう。

フリーランスエンジニアがスキル不足といわれた後の流れについて


次にスキル不足といわれた後の流れについて説明させていただきます。
クレームそのものよりも実はクレーム後どのように動くかということが非常に重要です。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
そもそも双方のちょっとした認識違いだった、というようなケースもありますし正しい対応をすれば問題自体が解決することもあります。
逆にたいした問題でなかったのにこちらの態度が問題でトラブルが大きくなるケースもありますので注意しなくてはいけません。

フリーランスエージェントに相談する

スキル不足やトラブル時はまずはフリーランスエージェントの担当者に相談しましょう。
その際に大事なのが、第三者にも理解できるように時系列・箇条書きなどでポイントをわかりやすく説明することです。
トラブルになるとパニックになってしまい説明が不明瞭であったり感情が入りすぎてしまうエンジニアもいますが、注意しましょう。
各ケースの対応策については本文でも述べましたがそれも参考にしてもらえるとスムーズにいくと思います。
そのうえで今後エンジニアとフリーランスエージェントについて今後どうするか、という認識をあわせます。

現場と認識あわせをしてもらう

フリーランスエージェントから現場に連絡をして双方の認識あわせてをしてもらいます。
エンジニア、フリーランスエージェント担当者、現場のメンバーという形で打ち合わせの場が設けられることもあります。

延長するか契約終了とするか状況をみて判断

関係者の認識あわせが終わり次第今後の契約をどうするかということが決定されます。
多くの場合、

様子見で延長
単価調整
契約終了
のいずれかのパターンになります。

フリーランスエンジニアがスキル不足と判断されるリスクとデメリット3つ


ここまでスキル不足という指摘がきてしまう原因と対策について説明させていただきました。
次にスキル不足と判断されてしまうリスクとデメリットについて説明させていただきます。
代表的な3つのポイントを説明させていただきます。

フリーランスエンジニアがスキル不足と判断されるリスクとデメリット①契約に影響がでる

スキル不足で契約が打ち切りになる、というのはよくあるケースです。
本文で説明してきたように、スキル不足というクレームがくる場合必ずしもエンジニアに問題があるケースばかりではありません。

しかしながら契約終了というリスクを一方的に抱えるのはエンジニア側となってしまいます。
そのため、普段からクレームが来たり評価を落とさないように配慮しながら働く必要があります。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
本文でお伝えしている内容を参考に、もし改善できそうな点があれば取り組んでみてください。

フリーランスエンジニアがスキル不足と判断されるリスクとデメリット②単価に影響がでる

スキル不足により単価に営業がでるというのもよく見かけるケースです。
具体的には当初契約した単価を下回る金額で再契約するという形になります。
エンジニアが納得していればいいですが「そもそもその単価であれば仕事を請けなかったのに」ということもありますのでここでもエンジニア側がリスクを負う形になります。

SES営業頑張るっ子ちゃん
SES営業頑張るっ子ちゃん
後で説明させていただきますが、商流の浅い案件に入ることもこういったリスクを避ける方法です。

フリーランスエンジニアがスキル不足と判断されるリスクとデメリット③フリーランスエージェントからの信頼が落ちる

隠れたリスクとしてフリーランスエージェントの信頼が落ちるという点もあります。
フリーランスエージェントはトラブルを起こすエンジニアを嫌います。

それは顧客の信頼を失い、最悪取引ができなくなってしまうこともあるからです。
取引ができなくなったり信頼が落ちてしまうことは、フリーランスエージェントにとって長期的に見ると非常に大きいのです。

もちろんクレームがきていたとしても、本当にエンジニアに全く否がないのであれば気にする必要はありません。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
本文でもお伝えしているように、クレームがきた後に誠実に対応することや問題解決のために関係者ときちんと取り組む姿勢を見せることが信頼に繋がりますのでここはしっかりと対応しましょう。

フリーランスエンジニアがスキル不足と言われないための対策について


次にフリーランスエンジニアがスキル不足と言われないための対策について説明させていただきます。
いきなりスキルを上げたり知識を身につけるのは現実的ではありません。
しかし現場に入る前に必要な点を確認していくだけでスキル不足というトラブルに繋がる確率はぐっと減らすことができますので説明させていただきます。

面談時に現場の状況を確認しておく

面談時に現場の状況をしっかりと確認しておくことは非常に重要です。
理由としては本文でもお伝えしたように納期がタイトであったり炎上している現場ですとエンジニアへのクレーム率が高くなるからです。

このような現場ではプロジェクト管理者の能力が低いことが問題を引き起こしていることが多いです。
そのプロヘクト管理者が採用するエンジニアですのでやはりスキルアンマッチを起こす可能性も高いわけで、残念ながらIT派遣業過ではよく見かける光景です。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
もちろんそのような現場は稼働が高く残業代が稼げるというメリットもあります。
しかしリスクも高いためよほどの理由がなければ何か問題を抱えてそうな現場は避けたほうが賢明と言えるでしょう。

面談時に必要なスキルセットを確認しておく

面談時に必要なスキルセットを確認しておくということも重要です。
フリーランスエンジニアの常駐案件の場合、面接担当者の経験が浅くしっかりとした見極めができていないことも少なくありません。
スキルシートをざっとみて「まあこの人ならやれるだろう」というようなざっくりとして判断で採用を決めるケースもよく見かけます。
(中には面談なしでスキルシートのみで採用を決めるようなケースもあります)

しかしスキルアンマッチの際にスキル不足という指摘を受けリスクを負うのはエンジニア側です。
こちらから質問しないと詳しく教えてくれないケースも多いため、面談時にしっかりとスキルセットについて質問することが大切です。

面談時に不安点があれば伝える

面談時に不安点があれば伝えるこということも重要です。
あまり不安がってばかりいるとネガティブな印象を与えることもあるので難しいところですが、これは必要です。

フリーランスエンジニア案件の中には「明らかにこれは怪しい」というような案件もあります。
先にあげた炎上や稼働時間だけでなく、人間関係やエンド企業との関係性など案件説明を聞いているだけでリスクが見え隠れする場合もあります。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
現場に入ってから後悔しないためにも、不安点があれば伝えておきましょう。

基礎的な知識はしっかりと学習すること

これは大前提なのですが、ITエンジニアとして基礎的な知識をしっかりと学習することは当然です。
エンジニア自身が学習したり吸収する意欲がなければ、どのような現場にいっても一向に成長はしません。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
そもそもスキル不足という指摘を一切受けないつもりで学習し、ビジネスマナーをしっかりと守って働くことが
一番のリスクヘッジとなります。

フリーランスエンジニアがスキル不足でクレームにならないエージェント選びと考え方


最後にスキル不足でクレームにならないエージェント選びと考え方について説明させていただきます。
フリーランスエンジニアにとって意図しないクレームやトラブルはつき物です。
できる限りクレームやトラブルにならないために常駐型のフリーランスエンジニアはエージェント選びが非常に重要になってきます。
その理由を説明させていただきます。

商流が深いとスキル不足やトラブルになりやすい

簡単にいうと商流が深いとスキル不足や意図しないトラブルになりやすいです。
何故かというと商流が深いというのことはクライアントが高い報酬を払っているということになりやすいからです。
高い報酬を払っているということは、

  1. パフォーマンス
  2. 勤怠
  3. 現場でのコミュニケーション能力

こういった点について厳しくチェックしているということになります。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
例えば商流が浅い企業から参画しているエンジニアがあなたより経験豊富で単価が安かったらどうでしょうか?
相対的にクライアントのあなたの印象は悪くなりますしクレームに繋がりやすくなるというのはご理解いただけるはずです。

直案件をもつフリーランスエージェントと付き合う事

この問題を解決するのは簡単です。
直案件をもつフリーランスエージェントから案件の紹介を受けることです。
商流が深くなるメリットというのはエンジニアにとっては全くありませんので、普段のフリーランスエージェント選びの際も意識することが重要です。

また、商流が深くなると色々な利害関係者がいるためトラブルが大きくなりがちになってしまうというリスクもあります。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
ストレスなく業務に集中するには直案件をもつフリーランスエージェントと付き合うことは必須となります。

スキル不足は解消できる

スキル不足というクレームは基本的には解決できます。

  1. 余計な商流を挟まないこと
  2. おかしな現場に入らないこと
  3. 経験年数に応じたスキル・知識を身につけること

この三点で大丈夫です。

フリーランスを極めた猫
フリーランスを極めた猫
もしスキル不足というクレームを度々受けるエンジニアの方は、本文をもう一度読み直していただき自分自身に改善点はないか?と振り返ってみてください。

まとめ

フリーランスエンジニアとスキル不足について説明させていただきました。
フリーランスエンジニアのトラブルとして多いスキル不足ですが、正しい知識をもって対策すれば解決できるケースがほとんどです。
この記事を読んでいただいた方がトラブルなくハッピーなフリーランスエンジニアライフを送れるよう祈っております。

まずは登録!ド定番のフリーランスエージェント5選はこちら

レバテックフリーランス
【独自案件×直案件】とにかく高単価が魅力!高収入フリーランスをガンガン生み出している大人気エージェントです。

ギークスジョブ
【業界最大手×圧倒的な案件数】幅広い案件を揃えており、希望の案件が必ず見つかる安心のエージェントです。

High-Performer
【高単価×支払いサイト15日】経験豊富な営業と手厚いサポートでエンジニアからの信頼度は業界ナンバーワンです。

【Pe-BANK】
【老舗×安定感】実績は業界でも断トツです。業務系・制御系・汎用系にも強く全国に支店があります。

【midworks】
【保障×安定感】正社員なみの保障とフリーランスの高単価のいいとこどりを狙える点が大人気のエージェントです。